アコム

アコムは学生でもお金借りれる?親バレはある?気になる情報まとめ

アコムは、学生でもお金が必要になった時は融資を受けることが出来ます。アルバイトをしいてれば、学生でもカードローンの利用は可能です。

ここでは、申し込みなどの基本的なことから、親にバレることはあるか、バイト先への在籍確認をクリアする方など、学生が申込みをする際に不安に思う点や注意すべき点も併せて紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

アコムと学生ローンの違い

学生がお金を借りる方法として、アコム以外にも「学生ローン」を利用する方法もあります。ただ、アコムと学生ローンでは様々な違いがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

学生という立場上、アコムの利用条件を満たすのが難しいという方もいるかもしれません。自分の状況に合わせて利用する金融業者を選びましょう。

利用条件の違い

「学生ローン」は文字通り学生を対象にしているので、通常のカードローンとは違い、親の同意や収入があれば20歳以下で利用できるものも少なくありません。また、契約できれば卒業後もしばらくは利用を継続することもできます。ただし、契約には有効な学生証が必要になるので、卒業や途中で退学した人は契約できません。

アコムの場合は、20歳以上で安定した収入があることが必須条件であるため、未成年の学生、バイトをしていない学生は申し込みすらできません。

融資方法の違い

「学生ローン」の融資方法は、ほとんどが「証書貸付」になります。「証書貸付」は一つの貸付について契約書を交わすので、追加融資を受けたい時は、審査を受けて別口で契約をする必要があります。契約が完了すれば指定口座へお金を振り込んでもらうか、店頭での受け取りになります。

「アコム」の場合は、口座振り込みやカードを使ってコンビニATMから借入や返済が出来るので利便性は「アコム」の方が優れています。

「学生ローン」の多くは、追加融資で借りる時はその都度契約をすることになりますが、「アコム」の場合は一度限度額が決まれば、その範囲内で何度でも借りられるので、一度契約出来れば「学生ローン」のように何度も申請をする必要はありません。

アコムの申込条件

「アコム」の申込条件は「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方」となっています。職業形態は正社員だけでなく、アルバイトやパート、自営業の人も申し込みは可能です。

「アコム」は消費者金融になるため、総量規制の「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けます。

たとえば、アルバイトで年収60万円以上の収入がある学生は、最大で20万円まで借りることが出来ますし、年収が90万円以上あれば最大で30万円の限度枠の設定になります。

ただし、初回の借入で高額融資してもらえることはほぼなく、大体は10万円程度、高くても50万円程度になります。それ以上の金額を借りる場合は、増額申請などを行う必要があります。

ただし、無収入の専業主婦や、親の仕送りだけで生活している学生は収入なし、とみられるのでアコムでお金を借りることは出来ません。

アコムの申込方法

アコムの申込方法は、下記の4つから選ぶことができます。

  • 「パソコンやスマホ・携帯から申込む方法」
  • 「自動契約機」から申込む方法」
  • 「電話で申込む方法」
  • 「郵送」

パソコンやスマホ・携帯から申込む方法

インターネットを利用した申込方法で、申込から契約まで完結するので、来店する必要がなく、申込は24時間何時でもどこからでも申込ができる、人気のある申込方法です。

「アコム」にはスマホ専用アプリ「myac(マイエーシー)」が用意されています。

カードローンの申し込みから振込手続き、返済も可能です。それ以外にも、返済日の確認や支払日の通知、増額手続きなども行えます。

ホームページまでいかなくても会員ページと同じサービスが受けられます。

「myac(マイエーシー)」の入手方法

アコムナビはiOSとAndroidの両方で提供されているので、iPhoneでもAndroidスマホのどちらでも利用することができます。iPhoneの「myac(マイエーシー)」を手に入れるには「App Store」から、Androidスマホの場合は「Google Play」からダウンロードが可能です。

料金は通信費用以外不要で、アプリ内での課金は発生しません。「アコム」を利用する時は、ぜひともインストールしておきたいアプリです。

自動契約機から申込む方法

自動契約機を利用すれば、最短30分でカードが受け取れるというスピード審査が可能です。

相談したいことや疑問がある場合は、備え付けの電話を使って直接担当オペレーターと相談しながら申込ができるので、パソコンや自動契約機に不安のある方でも安心して申込ができます。

電話で申込む方法

24時365日いつでも申込が可能で、フリーコールに電話をして申込むだけです。契約手続きは、来店・郵送・FAXが利用できるので、自分の状況に適した手続きが行えます。

親バレせずに利用するには

アコムは親にバレないように借りることもできます。学生が「アコム」に申込むと、確認として本人の連絡先や自宅の住所以外に「実家の電話番号」や「学校名」「親の情報(名前や勤務先など)」を聞かれることがあります。

特に、親元を離れてひとり暮らしをしている学生の場合は、実家の連絡先を聞かれることもあるようで、「親や学校に連絡されるのではないか」と心配する学生もいますが、親元や学校の連絡先を伝えたとしても、連絡が入ることはまずありません。

基本的には連絡先を自分の携帯電話にしておけば、連絡はすべて自分の携帯にかかってくるので、電話が原因でバレるということはありません。ただし、親バレしないためには、適切な対策を取る必要があります。

カードや契約書の受け取りは「自動契約機」から

「申し込み」は郵送以外どの方法でも構いませんが、「契約」は必ずアコムの店舗でする必要があります。インターネットで契約すると書類やアコムのカードが郵送されてしまい、親に見られる可能性があります。

借入や返済はATMを使う

お金を借りるときや返済はネットキャッシングも利用できますが、銀行口座への振込みで借りることになります。この場合、振込みをした記録として「利用明細」が自宅に郵送されるため、親バレの可能性があります。

電話で郵送物をストップすれば大丈夫ですが、念のためネットキャッシングを利用した振込みでの借入・返済はしないほうが確実です。

ATM取引であれば、借入・返済を繰り返しても利用明細が送付されてくることはありません。

コンビニATMは、セブンイレブンやローソン・ファミリーマートなど、主なところは全て対応しているので、全国どこにいても不便と感じることはありません。

提携銀行は三菱UFJ銀行やイオン銀行、三井住友銀行などのATMでアコムのカードが使えます。

返済遅れをしない

「アコム」から自宅に電話がかかってくることはまずありませんが、返済が遅れると自宅に連絡が入ったり、督促状が自宅に送られてきたりするので、親バレする可能性があります。

最初は携帯にかかってくるので、どうしても間に合わないときは、理由といつまでに返済するかを約束し、約束通りに返済すれば自宅まで連絡が行くことはありません。

しかし、返済の延滞は良い印象は与えません。返済日にしっかり支払うことを心がけましょう。

アコムの審査は厳しい?

基本的に学生であっても正社員であっても審査内容は変わりません。学生だからといって厳しくなったり、ゆるくなったりするわけではありません。

審査が通りにくくなる原因は、どのような年齢、業務・職種形態でもほとんど同じです。

過去にクレジットカードの返済が遅れたことが何度かある

1度や2度の返済遅れなら問題ありませんが、返済遅れの期間が長いあるいは頻度が多くなると、信用情報機関の個人情報に「異動(事故情報)」と記載されてしまいます。

いわゆるブラック状態になっていると、アコムの審査に通るは厳しくなります。

すでに他社で借入をしている

アコムは消費者金融なので、総量規制の「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けます。融資限度額は他社のカードローンや、クレジットカードのショッピング枠も対象になるので、それらの合計が年収の3分の1近くまで借りていると、「アコム」で融資を受けることは出来ません。

他社借入件数や他社の借入残高を減らす必要があります。

アルバイト先が決まってからまだ日が浅い

カードローン審査は、勤続年数が長ければ長いほど有利になりますが、アルバイト先が決まって半年以内という場合は、審査に通る可能性は薄くなります。

せめて半年以上経過してから申し込む必要があります。

スマホや携帯の使用料の支払いを滞納している

若い人が陥りがちなのが、スマホや携帯の使用料の滞納です。

特に使用料に端末本体の料金が上乗せされている場合は、その本体料金がクレジット払いという扱いになるため個人信用情報に返済実績が記録されます。これを何度もあるいは長期滞納してしまうと事故情報として記録されてしまいます。

学生の審査も在籍確認はある?

マネー案内人
マネー案内人
「アコム」へ申込をすると、審査で必ず在籍確認があります。

在籍確認はアルバイト先へ担当者が個人名で「□□と申しますが○○さんはおられますか?」という風に電話がかかってきます。

勤務中であれば、いくつかの質問に答えるだけで終了ですし、勤務時間外でも「○○は今日お休みです」とか「○○は勤務時間外です」というように、本人が勤めていることが解ればそれで終了します。

自分以外の人が電話に出ると、ばれるのではないかという心配もありますが、そんな時は「クレジットカードの申込をしたから、電話がかかってくるかもしれない」と伝えておけば安心です。

即日融資で借りるには

アコムは学生でも即日融資が可です。

申込方法や借入方法は一般のローンと違いはなく、審査は最短30分で完了します。

  • インターネットから申込をしてインターネットで契約する方法
  • インターネットで申込をして自動契約機で契約する方法
  • 自動契約機から申込をして自動契約機で契約する方法
  • 電話で申込をして、FAXまたは店頭で契約する方法

上記の方法であれば即日融資が可能なので、自分の環境に合わせた申込方法が選べます。

申込方法 契約方法 借入方法 申込受付時間
インターネット インターネット 振込 24時間365日
自動契約機 ATM 9:00~21:00まで(年中無休、ただし年末年始期間は除く)
電話 FAX 振込 24時間365日
自動契約機 ATM 9:00~21:00まで(年中無休、ただし年末年始期間は除く)
店舗・自動契約機 店舗窓口 店舗 9:30~18:00(土日祝日は休業)
自動契約機 ATM 9:00~21:00まで(年中無休、ただし年末年始期間は除く)

銀行振り込みの場合、24時間いつでも振り込みが可能(※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合あり)で、振込依頼をすれば最短1分で振り込みが完了します。

自動契約機で契約する場合は、営業時間が9:00~21:00までとなっているので、遅くとも20時までに契約が完了していればその日に融資が受けられます。

平日に即日振込はどの申込方法でも対応可能ですが、土日や祝日、銀行の営業時間外に即日融資を希望する場合は、インターネット+自動契約機+ATMまたは自動契約機+ATMという組み合わせにしておくと確実です。

まとめ

マネー案内人
マネー案内人
カードローンを利用する時は「遅延や延滞などの金融事故を絶対に起こさない」という気持ちが重要です。

もし、このような金融事故をおこせば、親にバレる可能性が高くなりますし、将来住宅ローンやマイカーローンを組もうとしたときに大きな障害になります。

カードローンを利用する時は「どれくらいまでなら返済が出来るか」を知る必要があります。

「アコム」の返済シミュレーションは

  1. 「借り入れ希望額を返済回数から毎月の返済額をシミュレーションする方法」
  2. 「借入希望額の返済を毎月返済額からシミュレーションする方法」

があるので、これらを利用して無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もいます...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較