アコム

アコム 返済方法は 一括払いか分割払いどちらがおすすめ?

カードローンでお金を借りると、翌月から返済が始まります。返済方法はそれぞれに違いがありますが、「アコム」には多くの返済方法が用意されているので、自分の環境に合わせた返済方法が選べます。

アコムの返済方法や手数料がかからない返済方法など併せて紹介します。

アコムの返済方法

アコムの返済方法は、5つから選ぶ事が出来ます。

  1. 口座振替
  2. 銀行振り込み
  3. インターネット返済
  4. ATMで返済
  5. 店頭窓口で返済

多くの返済方法の中から自分の環境に合わせた返済方法が選べるので、近所にアコムの店舗がないとか、キャッシングできるATMがなかったとしても安心してアコムが利用できます。

ただし、返済方法によっては手数料が必要になる場合があるので、しっかり把握しておかないと思わぬ損をしてしまうこともあります。

口座振替

口座振替は返済日を気にする必要がないので、返済遅れなどが発生することがありません。最初に口座の登録をする必要はありますが、どこの銀行口座でも利用でき、手数料もかかりません。

返済遅れの心配はありませんが、口座に残高がなくて引き落としが出来なかったということもあるので、口座の管理には注意が必要です。

銀行振り込み

銀行振込みでの返済は、金融機関の窓口やATM、インターネットバンキングで行うことができます。

自分のタイミングで返済できますが、手数料が発生するため、余計な出費を抑えたい方には向いていません。

希望すれば取引明細書の送付をしてくれますが、親バレが心配、ペーパーレスで利用したい方は会員ページから確認できます。

インターネット返済

インターネット返済は、Pay-easy(ペイジー)を利用した返済システムで、パソコンやスマホから手続きができます。インターネットバンキングの登録が必要ですが、24時間365日、手数料無料で返済が可能です。

返済日当日なのにATMに行けない、気が付いたら日をまたいでいたという場合でも、すぐに手続きができます。

また、1円単位で支払いができるので、解約をする場合はインターネット返済で完済してしまいましょう。

アコムのインターネット返済に対応している金融機関でないと利用できないので、事前に確認しておきましょう。

ATMから返済

カードを使ってアコムATMやコンビニATM、銀行ATMから返済できます。アコムATMなら手数料無料で利用できますが、提携ATMを利用する時は、1万円以下は110円、1万円以上は220円の利用手数料を支払うことになります。

提携ATMの利用にはどうしても手数料が必要になるので、インターネット返済や口座振替などを利用するようにしたほうが無駄な出費を抑えることができます。

店頭窓口で返済

店頭窓口でも1円単位の返済ができます。

しかし、店舗まで行く必要があることや、受付時間は平日9:00~18:00までとなっているので、時間的制約が厳しいというデメリットがあります。

アコムの返済日

アコムには2種類の返済方法があり、返済方法によって利息が違ってきます。

  1. 「毎月指定日」
  2. 「35日毎」

毎月指定期日返済

「毎月指定期日」は、毎月決まった日を自分で決めて返済をしていくので、「返済日を忘れていた」というような、うっかり忘れのリスクが少なくなります。基本的のどの日でも選ぶことができますが、6日だけは口座振替専用となっています。

どの返済方法でも利用することができますが、返済忘れを避けたい方は口座振替を選んでおくと安心です。

また、インターネット返済と口座振替、店頭窓口での返済は手数料がかからないことも覚えておくとよいでしょう。

35日返済

返済日の翌日から数えて35日ごとに返済していく方法です。

初回利用時は借入日の翌日から数えて35日以内が初回の返済日になり、それ以降は返済日あるいは返済した日からから35日ごとになります。

35日ごととなってはいるものの、金額があっていれば、基本的にいつ返済しても正規の返済として認めてもらえるため、早めに返済をすることで利息は減らすことが可能です。

返済方法は毎月返済、一括返済、分割返済どれがおすすめ?

アコムでお金を借りた時の返済方法は、借り入残高によって決められた毎月返済額を支払う方法や、一括返済などがあります。

一部、インターネット上では「分割返済も可能」という書き込みも見られますが、これはおそらくACマスタカードの返済方法がリボ払いとなっているのでそれと勘違いしているのかもしれません。

毎月返済

毎月返済は、借り入残高によって毎月最低返済額(ミニマムペイント)が決まっていて、最低でもそれだけは支払わなければなりません。

アコムの毎月返済額がいくらになるのかは下記の表で決まります。

ご契約極度額 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 ・借入金額の3.0%以上
・借入金額の2.5%以上
・借入金額の2.0%以上
・借入金額の1.5%以上

例えば30万円以下は借り入残高の4.2%以上となっているので、10万円かりた場合は、10万円×4.2%=4,200円→1,000円単位となるので最低でも5,000円を返済する事になります。

一括返済

利息を最も少なくする方法は、早い時期に一括返済をしてしまう事ですが、一括返済をする時は、タイミングが重要になります。

もちろんアコムも一括返済が可能で、まとめて返済が出来ればそれ以降の利息は不要になりますが、無理をして一括返済をした場合、翌月にはお金が足りなくなってしまい、また借入なくてはならなくなるといったことが起こります。

一括返済は利息がの支払いが一番少なくなりますが、お金に余裕があるときやあと少しで完済できるというとき以外は避けたほうがよいでしょう。

繰上返済

繰上返済は、お金に余裕が出来た時、毎月返済額に上乗せして支払う方法です。繰上返済はATMやインターネット返済などからいつでも可能ですし、毎月返済以外に支払ったお金はすべて元金返済に充当されるので、元金返済が早く進みます。

元金返済が早くなるという事は、借入期間が短くなるということなので、利息を含めた総返済額を少なくすることが出来ます。繰上返済は、お金に余裕が出来たときだけ行えば良いので、生活に負担がかかるという事はありません。

まとめ

毎月返済を行うのは当然のことですが、利息の負担を減らしたいという場合は繰上返済も併用するのが効果的です。しかし、毎回繰上返済を行うのは大変なので、余裕があるときに行いましょう。

一方で、一括返済は利息負担を大幅に減らすことができます。少額の借入やもうすぐ完済できる金額なら、一括返済を利用すると便利です。

どのような返済方法を利用するにしても、無理のない効果的な返済計画を立てておくことが重要です。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もいます...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較