アコム

アコムのカードローン審査で確認されるクレヒスはどれだけ審査に影響する?

カードローンの申し込みをすると、必ず審査があります。アコムも例外ではなく、カードローンの申し込みをすると審査があり、審査結果によって融資可能かどうかが決まります。

審査は、申込書に記入した名前や住所、勤務先などの個人情報と信用情報機関の個人情報に基づいて行われます。信用情報機関の個人情報ではクレジットヒストリー(クレヒスが大きく影響します。

ここでは、アコムの審査で、クレヒスの何をチェックしているのかを説明します。

クレジットヒストリー(クレヒス)とは

クレジットヒストリーとは通称クレヒスと呼ばれているもので、国内の金融機関で融資やクレジットカードの発行をする際、審査を行う時に参照している個人情報のことです。

クレヒスは、現在日本に3社ある信用情報機関(CIC、JICC、JBA)に登録されている情報のことを指していて、審査に大きく影響し、クレヒスの内容が悪ければ審査に通る可能性は少なくなります。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)は主にクレジット事業を行っている信販会社が登録しているので、クレジットカードの発行や携帯電話の分割払いなどを契約すると必ずCICに登録されます。

株式会社日本信用情報機構(JICC)は主に消費者金融が利用している信用情報機関ですが、そのほかクレジットカード会社、リース会社、保証会社、銀行なども加盟しています。

クレジットカードショッピング機能が適用される場合はCICに登録しますが、キャッシング機能のように貸金業法が適用される場合はJICCにも登録される場合が多いようです。

全国銀行個人信用情報センター(JBA)は、主に銀行や信用金庫、労働金庫など銀行系の企業が登録している信用情報機関です。住宅ローンやマイカーローンなどの金融商品を利用すると「JBA」に、必ず登録されることとなります。

アコムの審査はクレヒスも含めて行われる

アコムの審査は、クレジットヒストリーも含めてコンピューターによる審査、つまりスコアリング審査を行います。スコアリングは項目ごとに点数をつけ、合計点を出し、その点数が基準値以上だと契約が可能になります。

マネー案内人
マネー案内人
クレヒスはクレジットカードの利用履歴だけではなく、カードローンの利用状況なども登録されており、それらの利用状況も審査の対象になります。

クレジットカードの利用料金を一括払いにしていればスコアリングの点数は高くなりますし、分割払いやリボ払いとなると点数的には多少悪くなる傾向にあります。

またクレジットカードやカードローンの返済状況が悪い場合もスコアを落とす原因となり、場合によっては返済の遅れが否決の原因になります。

信用情報は共有されている

それぞれ独立した機関ではありますが、「CRIN」と呼ばれる照会制度を導入し、主に支払いや返済の延滞に関する情報を共有しています。これは、金融事故(移動情報)を起こした利用者が再度借り入れを行わないように防止するためです。

クレジットカードやカードローン、分割払いなどで、問題を起こしたことが一度もなければ、心配する必要はありません。しかし、不安がある場合は、3社すべてから信用情報の開示請求を行っておくと良いでしょう。

信用情報機関 申請方法 手数料
CIC インターネット・郵送・窓口 窓口:500円
ネット・郵送:1,000円
JICC 専用スマホアプリ・郵送・窓口 窓口:500円
アプリ・郵送:1,000円
JBA 郵送 1,000円

アコムはJICCを重視する

アコムはCICとJICCに登録をしていますが、審査では主にJICCの情報を照会します。

理由は、CIC側では情報変更内容の登録は変更があってから1カ月以内に行えば良いとなっているからで、CICにデータを照会しても、1カ月前のデータになっている可能性があるからです。

メモ
例えば、カード利用料金の欄が「未払」になっていても本当はすでに返済済みだったり、返済が出来ていても「未払」と記録が残っている事もあります。

それに対し、JICCは変更が反映されるまでの時間が早く、登録内容に変更があった場合は1日以内に登録変更しなければならないという規約があります。つまり、JICCの情報を紹介すれば最新の情報を基に審査が行えるのです。

ですから、アコムが信用情報機関の個人情報を照会する時は、JICCのデータをメインで行い、足りない部分をCICからデータ取得しています。

アコムが審査する上で必要な本人を特定する情報、例えば勤務先名や勤続年数などの他、他社借入状況や返済状況、クレヒスなど、JICCに登録されている内容と相違がないかをチェックします

アコムの審査に通るクレヒスの状態とは?

アコムの審査ではクレヒスから、クレジットカードの利用や他社カードローンの借入残高、スマホ端末を分割購入した際の支払い状況などを確認します。

借入件数や借入金額が多い、支払いや返済に延滞した記録がある、債務整理を行ったなどの情報があると審査に通りにくくなったり、否決されたりします。場合によってはすでに利用している、カード類の利用を停止されてしまうこともあるでしょう。

とはいえ、利用実績が一切ないのも審査では不利になります。20代や30代でクレヒスがないのはあまり問題視されませんが、40代や50代でクレヒスが一切ないのは不自然ととらえられ、信用度が低くなります。

「良いクレヒス」といえるのは、適度に利用状況が記録されている状態です。例えば、住宅ローンやマイカーローンなどの安定した返済履歴がある、カードローンやクレジットカードを定期的かつ問題なく利用している、分割購入した商品の支払いをきちんと行っている、などです。

こうした、しっかりした利用実績があると審査では有利になり、融資してもらえる可能性が高くなります。

まとめ

クレヒスはカードローンの審査で有利に働くこともあれば、不利に働くこともあるということはわかっていただけたと思います。

一度事故情報が記載されると、場合によっては5年~10年は新にクレジットカードやカードローンの申し込みをしても審査を通過することが出来なくなります。

そうならないためには、日ごろからクレヒスやキャッシング履歴に傷が付かないようにしておく事が重要になります。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もいます...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較