アコム

アコムの金利はどれくらい?利息を安くする方法はある?

「アコム」は三菱UFJフィナンシャルグループの傘下にある大手消費者金融で、クレジット機能を備えたアコムカードもあり、初めてキャッシングを利用する方に人気があります。

アコムの申し込みを考えている人にアコムの金利や融資限度額などのスペックや審査について紹介しますので、参考にして下さい。

アコムの基本スペックと申し込み条件

金利 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円
申し込み条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
※安定した収入が有れば、主婦や学生でもパート・アルバイトなどで安定した収入が有れば、審査のうえご利用が可能です。

アコムの金利は「年3.0~18.0%」となっていて、借入限度額によって金利が変わります。

上限金利18.0%というのは、消費者金融では一般的な金利水準で、プロミスの17.8%以外は、大手消費者金融はすべて18.0%の設定になっています。

これは、利息制限法で融資額が10万円以上~100万円未満の場合、金利上限は18%と定められているためです。
また、10万円以下だと上限は20%、100万円以上だと上限は15%となります。

アコムの下限金利は3.0%と低くなっていますが、これは融資限度額が最高限度額800万円のときに設定される金利です。ただし、融資額が大きくなるにつれ、金利も低くなっていきます。

申し込み条件も、他の大手消費者金融とほとんど同じで、基本的に満年齢20歳以上で安定した収入があれば、パートやアルバイト、派遣社員などでも申し込みができます。

借入利率とは?

借入利率とは大ざっぱに言えば、利息のことです。借入金利とも言いますし、金利、利息、利子など呼び名は違えど同じ意味で用いています。

  1. 金利:利息割合で%で表す→年率(金利=利率)
  2. 利息:お金を借りる時の貸付料、レンタル料のようなもの→(利子=利息)

また、年利と年率は同じ意味です。

実質年率とは?

カードローンで使われている実質年率ですが、年率は金利のことですが、「実質」の意味は何なのでしょう?

これは、審査に関する諸々の費用が含まれているという意味です。つまり、「実質年率とは」諸費用を金利に含んだ借入金利のことです。

アコムの金利計算方法

※アコム公式サイトより抜粋

利息は、日割りで計算します。

1カ月分の金利を計算

5万円を金利18.0%で1カ月借りたときの利息は、いくらになるのでしょうか?1カ月を30日、と仮定します。

元金×金利÷365日×借入期間(日数)5万円×18.0%÷365日×30日=約738円1カ月の利息は、約738円です。

10万円借りたとき

カードローンでお金を借りた時どれくらいの利息を支払うのかが気になるところですが、金利を調べるのに最も簡単な方法は、アコムの返済シミュレーションを利用すれば簡単にわかります。

アコムのホームページに「返済シミュレーション」があるので、それを使って計算することが出来ます。

たとえば、10万円を18.0%の利率、12回払いで返済する時、借入ご希望金額に10万円、借入利率に18%、ご返済回数に12回と入力して「シミュレーションする」ボタンを押すと結果が表示されます。毎月返済額は9,167円と表示され、返済計画表には返済回数ごとの利息などを詳細に知ることが出来ます。
回数 返済額 元金 利息 残高
累計 110,100 100,000 10,011
1 9,167 7,667 1,500 92,333
2 9,167 7,783 1,384 84,550
3 9,167 7,899 1,268 76,651
4 9,167 8,018 1,149 68,633
5 9,167 8,138 1,029 60,495
6 9,167 8,260 907 52,235
7 9,167 8,384 783 43,851
8 9,167 8,510 657 35,341
9 9,167 8,637 530 26,704
10 9,167 8,767 400 17,937
11 9,167 8,898 269 9,039
12 9,167 9,032 135 7
13 7 7 0 0

10万円を18.0%の金利で借り入て12回払いで返済するときの総利息は10,011円、総支払額は110,011円となります。

20万円借りたとき

融資額20万円、金利18.0%、12回払いで計算した場合です。
20万円借りたときの金利の総額は20,027円で、総支払額は220,027円です。

50万円借りたとき

融資額50万円、金利18.0%、48回払いで計算した場合です。
↓↓↓↓↓


※年率18.0%のときの最大支払い回数46回で計算しています。

50万円借りたときの合計金利額は、195,756円となり、総支払額は695,756円です。

毎月の支払額は15,125円と支払いやすい金額ですが、支払い回数が長い分利息は加算されるため総支払額も必然と増えます。

ご自身の経済状況に併せて、検討してください。

アコムの金利を引き下げるには?

3.0%~18.0%がアコムの金利で、最大800万円まで借りることができます。初めてアコムを利用する人は、限度額は多くて50万円くらいになるので、上限金利である18.0%が適用されます。

また、金利は利息制限法により上限金利が決まっています。

  • 10万円未満:20.0%
  • 10万円~100万円未満:18.0%
  • 100万円以上:15.0%

これらを踏まえた上で、アコムの金利を引き下げるベストな方法は、現在の融資限度額を増額してもらうことになります。

たとえば、現在の限度額が50万円だとします。それを増額して、100万円以上にしてもらうのです。そうすると、上限金利は必然的に15.0%となり、現在の金利18.0%を引き下げることができます。

アコム増額方法とは?在籍確認など気になる情報まとめキャッシングの契約をする時「自分ならどれくらいまで借りられるのか」ということが気になりますが、どこへ申込をしても、初回の融資限度額は低め...

無利息サービスを利用する

アコムには、最大30日間無利息で借りることができるサービスがあります。このサービスを利用して期間中に完済すれば、元金のみで金利は0円です。ただし、対象となるのはアコムを初めて利用する方のみです。

サービス名 無利息期間 適用日 適用回数 条件など
アコム 30日間 契約日の翌日 初回のみ

金利0期間が開始するタイミング

※アコム公式サイトより抜粋
アコムは、契約日の翌日から無利息サービスが適用されます。

参考までに他社の消費者金融の無利息サービスもご紹介しておきます。

サービス名 無利息期間 適用日 適用回数 条件など
プロミス 30日間 借入日の翌日 何度でも メールアドレスを登録
Web明細に設定
アイフル 30日間 契約日の翌日 初回のみ

アコムの返済方法

アコムには2種類の返済方法があり、返済方法によって利息が違ってきます。

  1. 「35日毎」
  2. 「毎月指定日」

35日毎

返済日の翌日から数えて35日ごとに返済していく方法で、初回利用時は借入日の翌日から数えて35日以内が初回の返済日になります。

2回目以降は、返済日から35日ごとになります。また、この方法は35日経たなくても、いつでも返済することができ、早め早めに返済すれば利息を抑えることが可能です。

自分の都合で返済したい方におすすめです。

毎月指定期日

「毎月指定期日」は、利用者が定めた返済期日に沿って返済していく方法です。基本的にどの日でも指定することができますが、「毎月6日」だけは「口座振替」に割り当てられているので、選択できません。

返済日を設定しておくと返済忘れが起きにくく、また口座振替で返済を自動化できるので、うっかりを防ぎたい方におすすめの方法です。

また、約定返済日の15日前までなら、正規の返済として扱われるほか、その分利息も少なくなります。15日以上前に返済すると前月の返済の追加支払いとみなされ、約定返済日にはもう一度入金する必要があるので、返済するタイミングには注意しましょう。

繰上返済は利息を抑える効果的な方法ですが、無理な繰り上げ返済をしたために、新たな借り入れをしなければならなくなったという事もあるので、繰り上げ返済をする時は、お金に余裕がある時がおすすめです。

まとめ

金利は、借入限度額を増やさなければ下がることはありませんが、返済方法を工夫して利息を減らすことは可能です。

無利息期間を利用することで、初回の30日間は金利0になりますし、その後も早めの返済や繰り上げ返済を利用することで、利息や返済期間を減らすことができます。

しかし、無理な返済はトラブルの基になるので、状況を見ながら無理のない範囲で行いましょう。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もいます...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較