バンクイック

バンクイック増額審査に落ちないためのポイントまとめ

キャッシングを続けていると、当初契約した限度額では足りなくなることもあります。

増額が出来れば、他社で新規借り入れをする必要がなく個人情報にも借入金額が変更される以外では大きく影響しません。

「バンクイック」でも「増額申請」の手続きが可能です。ここでは総額申請の方法や、メリット・デメリットなどを解説します。

バンクイックで増額するメリット・デメリット

メリット

増額することで利用できる限度額が増えます。総量規制の対象にならないので、増額幅は消費者金融よりも多少大きくできます。ただ、増やせるのは高くても年収の2分の1までが限度なので、上限融資額まで借りることは基本的には不可能です。

また、増額は限度額が増える事で適用金利も少なくなる可能性があります。
たとえば、10万円以上100万円以下の金利は13.60%~14.60%ですが、限度額が100万円超200万円以下になると10.60%~13.60%の金利が適用されます。

デメリット

デメリットとしては、属性が悪くなっていたり金融事故を起こして事故情報が登録されていたりすると、審査に落とされるだけでなく、限度額が引き下げられたりローンの利用を停止されたりすることがあることです。

金融事故を起こしていると増額案内が来ることはまずありません。しかし、自分から申し込んだ際にそれらの点が悪影響を及ぼす可能性は十分にあるので、自分の状況をよく確認してから申し込みを行う必要があります。

また、審査には数日かかります。すぐにでもお金が必要だという方は、別の方法を模索する必要が出てきます。

バンクイックの増額の申込方法

会員ページで申し込む

増額申請は、三菱UFJ銀行の会員ページから行うことができます。24時間申し込みを受け付けているので、好きなタイミングで増額申請ができます。

三菱UFJ銀行公式ホームページ、またはスマホアプリから会員ページにログインし、「利用限度額増額申し込み」から手続きを行います。必要な項目をすべて入力し、情報に誤りがないよう確認してから「申し込み」をクリックすれば手続き完了です。

電話で申し込む

インターネットで申し込めない人は、電話で増額申請ができます。受付時間は平日9:00~21:00、土日祝日9:00~17:00までとなっています。

電話をかけてオペレーターに増額を希望していることを伝えます。増額の手続きに関して案内があるので、指示通りに手続きを進めていくことになります。

バンクイックで増額するために必要な書類

増額申請するときに借入額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になります。

  • 「源泉徴収票」
  • 「納税証明書」
  • 「所得証明書」
  • 「確定申告書」
  • 「給与明細書」

職業形態にもよりますが、雇用されている人なら直近2カ月分の給与明細所が必要ですし、自営業の方は最新の確定申告書などが必要です。

また、50万円を超えない場合でも書類の提出を求められることがあるので、増額の申し込みをする前に揃えておきましょう。

バンクイックの増額時にも在籍確認はあるの?

増額審査の場合、在籍確認は基本的には行われません。

しかし、転職をしていた場合などには、本当にその職場に在籍しているかを確認する必要があるため、在籍確認が行われます。

バンクイックの増額審査に落ちないためには

バンクイックからの増額案内は、メールや借入・返済時に利用したATMに表示されることがあります。増額案内が来る条件は、三菱UFJ銀行に優良顧客と認められることです。

優良顧客と認められる条件

  • 他社借入れが有れば返済を済ませ契約解除しておく
  • 継続的な利用、つまり「借りては返す」を繰り返す
  • 最低でも6カ月以上継続的に利用している
  • 他社借入が増えていない

優良顧客と認められていなければ増額案内が来ることはありません。かといって、問題なく6カ月以上利用しているからといってすぐに案内が来るわけでもありません。

どうしても増額したい場合は、会員ページから自分で申し込むことができるので、そちらで申請すると良いでしょう。

返済を確実に行っていること

返済の延滞や遅延などを起こさず、毎月の約定返済日までに予定通り返済が続いていれば、増額案内が来る可能性は上がります。

実際に増額の案内が電話で来た人や、メールを受け取った人は長期的にカードローンを使っているという人たちがほとんどです。

増額案内が来るようになるまで、最初の借入から最低でも半年以上、1年は経過している必要があると言われています。

長期的な継続利用をすることで、銀行側と利用者との間で信用が生まれれば、増額も難しいことではありませんが、契約後すぐに増額申請をしても、信用が築かれていないので、審査に通らないのもおかしなことではありません。

利用期間は最低でも6カ月以上経っていること

自分から増額の申請をすることを考えている方は、自身が初めの借入れをした時期からどれくらい経過しているかを把握しておく必要があります。

利用期間は最低でも6カ月以上たっていなければ、審査には通過出来ないと考えておきましょう。

増額後も返済をして行ける収入を得ていること

増額するという事は借りるお金が増えるということで、それだけ返済額も、今までより増える事になります。

もし、収入が伴わなければ、単に苦しい返済を続けなければならないという結果になってしまうので増額をした意味がありません。

増額をするうえで大切な事は、それに伴う返済が続けられるか、また収入の範囲を超えての借入は絶対しない意志が重要です。

収入と手元から出ていくお金とのバランスを把握しなければならないのは銀行側ではなく、利用者のほうで、仮に増額の提案をされても、その必要がなければ断る勇気も必要です。

他社借入が増えていないこと

他社で新規契約をしていると必ず落とされるというわけではありませんが、マイナス評価になるのは間違いありません。

借入が増えているとそれだけ増額できる金額も減りますし、返済能力にも疑問を持たれます。増額を考えている場合は、他社で借入しないようにする必要があります。

一方で、借入件数が減っていると大幅なプラス評価になるので、利用しない・利用していないカードローンは解約してしまいましょう。

まとめ

バンクイックの増額は、条件さえ満たしていれば誰でも申し込むことができます。ただ、増額の案内があったときに申し込んだほうが、審査に通りやすくなります。

増額案内が送られ来る条件は「優良顧客」と認められることです。6カ月以上継続的に問題を起こさずに利用し、信用を得ましょう。

また、増額前に可能な限り現実的な返済計画を立て、無理のない範囲で利用できるようにしておきましょう。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もいます...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較