お金のコラム

結婚したいけれどお金がない!結婚資金が無くても挙式を上げる方法とは?

結婚したい!お金が無くても挙式を上げる方法

収入も少なく貯金もない、けれど結婚はしたいというカップルも少なくありません。依然と違って結婚式にかける費用は、控えめになっているようですが、それでも式を挙げるとなるとまとまったお金が必要になります。

「お金が溜まってから」と言う人もいますが、やはり時間がたつにつれて感動が薄くなりますし、最悪「いまさら結婚式なんて」という事にもなりかねません。

今回は、お金がなくて結婚できないというカップルはどうすればよいのかを紹介します。

お金が無くても結婚は出来る

「結婚」とは「婚姻届を役所に提出すること」で、結婚自体に費用は発生しません。費用が掛かるのは「結婚式」で、結婚式を希望しないカップルなら結婚生活にかかる費用があれば新しく新婚生活をスタートさせる事が出来ます。

自分の経済力や将来の貯えを考えると結婚式はできるだけシンプルに済ませたいという思いと、「一生に一度の事なので思い出に残る式を挙げたい」という、彼女の希望を叶えてあげたいという思いに板挟みになっている男性も結構いるようです。

しかし、近年は結婚式も多様化し、比較的手軽に行える形式のものが人気を集めています。

挙式だけや記念写真だけで済ませる方法

「お金が無い彼氏に結婚式を上げたいというのは可愛そう」と思う時は、二人で相談して、挙式だけ行うという方法があります。こぢんまりとした教会で二人だけでの挙式にすれば、衣装代やヘアメイク、写真などがついて5万円ぐらいから挙げられるようです。

神社なら和の雰囲気で式が挙げられますし、地元の神社でよければ3万~5万円くらいの予算で挙式を上げることが出来ます。個の場合なら結婚式だからと言って、白無垢や紋付きを切る必要はありませんし、改まった服装でよいので、衣装代もかかりません。

最近では、このようは挙式が多くなったので、ホテルや専門式場もお得なプランを用意しているところも少なくありません。

また、挙式を上げるのだから、せめて記念の写真は欲しいという事もありますが、挙式を挙げて記念写真を撮るという場合でも、挙式費用以外に、衣裳やヘアメイクなどがついて5万円ぐらいから記念写真を撮る事も可能なので、衣裳を何着か着替えて撮影しても楽しいかもしれません。

しかし「結婚するなら親戚の手前、ちゃんとした式を挙げてほしい」と親から切望される場合もありますが、そんな時はどうすればよいのでしょうか?

結婚式費用を安く収めるには

どうしても結婚式を挙げなければならない時は、最近はやりの「スマ婚」を利用するのもひとつの方法です。スマ婚とは一体どんな会社なのか、疑問に感じているプレ花嫁が多いのではないでしょうか。

スマ婚はゼクシィやハナユメなどの結婚式場検索サイトとは違って、式場探しから挙式当日までを一緒に創り上げるプロデュース会社の事で、従来の結婚式以外に様々な事を詰め込過ぎるため、どうしても費用が高くなる傾向がありました。

スマ婚が提供する結婚式は、必要な部分だけに費用をかけるため、メリハリの利いた結婚式が可能で無駄な費を抑えることが出来るので、比較的安い費用で結婚式が挙げられるようなシステムになっています。

たとえば、招待客を含めて60人程度の披露宴でも150万円~200万円程度で、内金として当日までに1万円支払うだけで挙式から披露宴まで行う事が出来ます。

結婚資金が用意できない

挙式費用は前払いと言うところもありますし、後払いも可能と言う式場もあります。スマ婚のような後払いが可能な場合は、ご祝儀を支払いに充当できますが、それだけで生産できない場合もありますし、前払いの場合は事前に用意しておかなくてはなりません。

マネー案内人
マネー案内人
何らかの理由で「結婚式の費用が調達できない」という場合、ブライダルローンや、カードローンで費用を用意するというのもひとつの選択肢です。

ブライダルローンでお金を借りる

ブライダルローンを利用する際には申し込み条件は様々で、中には年収や勤続年数で制限を付けているブライダルローンもあります。

年収制限を見てみると、楽天銀行の目的型ローンブライダルでは「安定した収入がある方」となっていますが、イオン銀行の「ツヴァイ」やJAバンクの「マリアージュ」のように、「年収200万円以上の方」となっているブライダルローンもあります。

就業形態については「正社員のみ利用可能」という風に厳しい条件のところもあり、勤続年数については1年以上のところもあれば、3年以上としているところもあります。

申し込み条件は、金融機関によってそれぞれ違うので、申込条件を満たしているかを調べる必要があります。

カードローンでお金を借りる

カードローンはブライダルローンと比べて金利が高くなりますが、ブライダルローンのように申し込み条件は厳しくありません。

カードローンの申し込み条件は「満年齢20歳以上の安定した収入がある方」という事だけが条件になります。

ブライダルローンの場合は年収制限があったり、正社員でなければ申し込みが出来なかったりするブライダルローンもありますが、カードローンの場合は安定した収入があればパートやアルバイトでも申し込みが可能です。

ただ、消費者金融のカードローンは総量規制の対象になるので「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があり、初回契約時の限度額はほとんどが50万円以下になるので、高額融資を受けようと思う時はあまりおすすめできません。

銀行カードローンの場合は、総量規制の対象外になるので、年収に関係なく審査に通ればいくらでも融資が受けられます。

ただ、銀行カードローンは2017年の過剰融資が問題になり、銀行が自主規制をするようになったので、これまでと違い、銀行カードローンで融資を受けるにはそれなりの属性が必要になります。

ただ、カードローンのメリットは、結婚式だけではなく利用用途は自由なので、一度契約をしておけば、普段の生活でお金に困った時はいつでも利用できるので、いざという時の強い味方になってくれます。

まとめ

結婚式の費用を用意する事を考えた時、出来る事なら費用を抑えてでも挙式を上げたいものです。

マネー案内人
マネー案内人
結婚式の費用を借りなければならない時は、金利の低いブライダルローンを選ぶ事をおすすめしますが、時間がない時はカードローンを選ぶのもひとつの方法です。

繰り返しになりますが、ブライダルローンの目的は結婚式を上げるためだけになりますが、カードローンの利用目的は自由なので、生活を続けていくうえでちょっとしたお金を用意しなければならない時は、カードローンで借りる事も出来ます。

金利を低く借りたいのならブライダルローンがおすすめですが、将来の利便性を考えた時はカードローンをおすすめします。

消費者金融ランキング借りやすい消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較