お金を借りる方法

お金がないときの言い訳&お金借りる言い訳&おすすめの借り方を紹介

お金がないときの言い訳や借りる時の言い訳 おすすめの借り方はこちら

お金に困った時、「家族や友人、彼氏(彼女)からお金を借りたい」と考える人は案外多いものです。お金を借りなければならない理由は様々ですが、お金を借りる時はどうやって頼めば貸してもらえるのかと悩んでしまう事があります。

正直に話してもよい理由なら問題はないのですが、「正直に話すと貸してもらえないかもしれない」というお金なら、断られてしまいます。

そこで今回は、お金を借りる理由はどんな時が多いか、またお金を借りるためにどんな理由や言い訳がベストなのかを紹介します。

お金を借りるための言い訳

お金を貸してもらいたい時、貸してもらえるような理由や言い訳をしなければなりません。

お金を借りる時の言い訳として「財布を落とした」とか「急な出費があって給料日まで持たない」「親が病気になった」など様々な理由があります。

しかし、どうしても本当の理由が言えない時は、心苦しいですが相手に納得してもらえるような理由や言い訳をする必要があります。

親に頼む時の言い訳

学生や社会人1年生の場合、お金を借りる時に頼めるのは親に頼む人も少なくありません。しかし、親にお金を借りるのは簡単なようですが、親としても生活があるので、正当な理由がなければ簡単には貸してもらえません。

親だからこそ適当な理由や言い訳はすぐに嘘だと見抜かれてしまうので、納得してもらえるような理由や言い訳を考える必要があります。

学生の中には自分の生活費くらいは稼いでいる学生もいますが、学校の合間にするアルバイトで稼ぐのは限界があります。

ですから、アルバイト収入があっても、それだけでは足りないという事があります。特に一人暮らしの場合、出費が重なるので、「参考書を買うお金もない」とか「生活費が足りないのでバイト代が入るまで貸してほしい」という理由なら、親も納得して貸してもらえるかもしれません。

また、親にとって、子供はいくつになっても子供なので、お金を貸してほしい理由が嘘とわかっていても貸してくれる場合も多いです。

友達に頼む時の言い訳

マネー案内人
マネー案内人
金額にもよりますが、借りる相手として友達に頼むという方も案外多いものです。友達との付き合いが長ければ長いほど、頼みやすいのが友達です。

友達ならあえて言い訳をする事はありませんし、お金を貸してもらいたい理由を正直に説明して、納得してもらえれば貸してもらえるでしょう。やってはいけない事は、下手な言い訳や理由を付けて頼むのはおすすめできません。

たとえば、「今月は急な出費が多くて給料日までの生活費が足りない」とか「飲み会でついお金を使い過ぎてしまった」というような理由でも、友達なら納得してくれるはずです。ただし、友達からお金を借りた時、借りたお金を約束通りきちんと返済することが大切です。

約束した日にお金が返せなかったりすると、それが原因でトラブルになる事も少なくありません。お金が原因で友情に亀裂がはいると、修復はほとんど不可能になります。

ですから、たとえ親しい間柄でも、お金の貸し借りについては、誠実に対処しなければなりません。

お金を借りる時の言い訳はしたくない

お金を借りなければならない時の言い訳や理由は人それぞれで、言い訳をした方がよいのか、正直に話した方がよいのか、迷う時もあります。

先ほど紹介したように、親や友達などから借りる時は、本当の理由が説明できる内容ならトラブルになる可能性は少なくなります。

しかし、「お金を借りていることを人に知られたくない」とか「お金は借りたいけれど本当の理由が言えない」と言う事がありますが、そんな時はカードローンがおすすめです。

カードローンは人に頼る必要がない

繰り返しになりますが、お金を借りる方法として、親や友達などに頼む方法もありますが、約束が守れなかったためにトラブルになったという事も少なくありません。

お金を借りたい時はカードローンがおすすめです。カードローンは消費者金融や信販会社、銀行で申込が出来ますが、急ぎで借りたい時は消費者金融の即日融資がおすすめです。

即日融資なら、今日申し込みをして今日中にお金を借りるという事も可能ですし、申し込みに担保や保証人も不要なので、人に保証人を頼む必要もありません。

申し込みは運転免許証や健康保険証だけ用意出来れば申し込みは可能ですし、インターネットから申込書に記入して送信するだけです。

カードローンの申し込みは消費者金融と銀行どちらがおすすめ?

カードローンは大きく分けて

  1. 銀行系
  2. ノンバンク(消費者金融、信販会社など)

に別れます。

銀行とノンバンクの大きな違いは、総量規制の対象なのか、対象外になるのかという大きな違いがあります。総量規制の対象はノンバンクだけで、銀行は総量規制の影響を受けません。

総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けるので、ノンバンクへ申し込みをする時は、多くても年収の3分の1までしか借りられませんが、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、年収に関係なく審査に通れば融資が受けられます。

ただ、銀行カードローンは2017年からカードローンの自主規制を行っているので、審査は今まで以上に厳しくなっている事や一部即日融資が可能な銀行カードローンもありましたが、即日融資で借りる事は出来なくなっています。

審査はそれほど厳しくなく、今日明日中にでもお金を借りたいという場合は、消費者金融へ申し込む事をおすすめします。

カードローンの申込条件


銀行や公的機関でお金を借りる時は、多くの書類を準備し、場合によっては担保や保証人を用意しなければなりません。申し込みをしても審査が厳しく時間もかかるので、今日明日中にお金が必要という場合は間に合いません。

その上、銀行の金融商品を利用しようとすれば、様々な諸費用が必要で、保証料などを含めると、借入希望額の上に数十%に及ぶような余分な費用が必要になります。

それに比べて、カードローンの申込はいたって簡単です。申込時に本人確認書類の運転免許証や健康保険証、パスポートなどが手元にあれば、すぐに申込ができます。

申込条件は、どこへ申込をするにしてもほとんど同じで安定した収入があり、満年齢20歳以上60歳~69歳までの方」なら申込は可能です。

職業形態はパートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも申込が出来るので、正社員でなくても心配する必要はありません。

急いでいる時は即日融資で

また、急いでお金を用意しなければならない時でも、大手消費者金融なら申込をしたその日にお金が借りられる即日融資で借りる事が出来ます。

即日融資は、決められた時間内に契約を終えれば、その日の内にお金を振り込んでもらえますし、ローンカードを発行してもらい、そのカードを使って提携ATMからお金を引き出す事も可能なので慌てる必要はありません。

いくらまでなら借りられる?

カードローンへ申し込みをしても「いくら貸してもらえるのか」というのが気になりますが、いくら借りられるかは審査によって決まるので、申込をしてみないとわかりません。

ただし、基本的には総量規制で「融資限度額は、年収の3分の1以内」と決まっているので、いくら多くても年収の3分の1を越えた融資は受けられません。

たとえば、年収300万円の人なら、融資限度額は最大で100万円まで借りる事が出来ますが、初回申し込み時は低めの限度額になるのでよほどの事情がない限り、多くても30万円以内と思っておく方がよいかもしれません。

まとめ

親や友達からお金を借りるのもひとつの方法ですが、親や友達からお金を借りた時は利息を払わなくてもよいというメリットがありますが、それ以上に発生するデメリットの方がはるかに多いので、おすすめできる方法ではありません。

カードローンでお金を借りる時は、利息を支払う必要がありますが、お金を借りているという事が人に知られる事もありませんし、一度契約すればその範囲内で、いつでもどこからでも借りられます。

カードローンは会費が不要で、お金を借りなければ利息を払う必要がないので、いざという時のためにカードローンの契約を済ませておく事をおすすめします。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もいます...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較