プロミス

クレジットカードの延滞はプロミスの申し込みに影響する?

クレジットカードを持っている人でも、プロミスの利用を考えているかもしれません。

プロミスに申し込むと、申込書に記入した内容や信用情報機関の個人情報に基づいて審査が行われ、その際クレジットカードなどの情報も確認されます。

では実際に、クレジットカードの利用が審査にどう影響するのでしょうか。

個人信用情報とは?

信用情報機関の個人情報には、過去の借り入れ履歴や金融事故に関するすべて情報が記録されており、各ローン商品を組むときやクレジットカードを作るときに必ず確認されます

こうした個人の信用情報を管理しているのが信用情報機関で、情報機関は、「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「信販会社の信用情報機関「CIC」「消費者金融の信用情報機関「JICC」の3機関あり、事故情報など一部の情報を共有しています。

クレジットカードの延滞も記録される

クレジットカードの支払い絵延滞は、1度や2度までならそこまで大ごとにはなりませんが、頻繁に延滞したり長期支払わないでいると、金融事故として扱われます。また、返済の延滞以外にも、代位弁済、債務整理などを行うと、事故情報として記録されます。

長期延滞とは

延滞(滞納)は、信用情報で言う「異動あり」と言葉で記録され、いわゆるブラックになります。ブラックになると、他社の借り入れや信用取引で審査に通らないなどの影響が発生しますが、3か月以内の延滞であればブラックになることはありません。
ただ、延滞しているのであれば、早急な対応をすることが求められます。

基本的に短期の延滞は個人情報に記録されませんが、クレジットカードで延滞を起こした場合はクレジット会社の社内事故情報として残ります。

社内事故情報は半永久的に記録が残るので、短期の延滞でも度重なると、信用情報機関へ事故情報として記録されてしまう事があります。

クレジットカードの事故情報はプロミスの審査でどう影響する?

個人信用情報に金融事故に関する情報が記載されていると、プロミスにかぎらず、どの金融機関でも審査は厳しくなります。

なぜなら、金融事故の記録があるということは「返済能力がない」、「信用できない」と判断され、融資を断られる可能性が高くなるからです。

事故情報が記録されないように注意深くクレジットカードを利用するのが一番ですが、問題が発せしてしまう可能性をゼロにすることはできません。

そのため問題が返済が遅れそうだと気づいたらクレジットカード会社に連絡して、何かしらの対策を講じる必要があります。

もし問題が発せしてしまっても、できるだけ早い段階で解決するようにしましょう。

金融事故が記載されてしまったら

では、一度金融事故として扱われてしまえば、お金を借りる事は出来ないのでしょうか?
個人情報に金融事故が記録されていると、5年~10年は新たな借り入れが出来ません。

しかし、中小消費者金融はブラックでも融資可能としている正規の業者も存在しています。状況次第では借り入れできる可能性はあるかもしれません。

中小消費者金融へ申し込む

消費者金融は、大手だけでなく中小消費者金融と呼ばれる正規の消費者金融があり、大手で借りられなかった人や、金融ブラックというレッテルを貼られている人にも積極的に融資しています。

一時期、中小消費者金融は「金利が高い」とか「融資限度額が低い」、「利便性が悪い」などと言われていましたが、最近では大手消費者金融と比べてもほとんど変わりません。

金利面を見ても大手消費者金融の上限金利18.0%以下のところもありますし、インターネットからの申し込みや、多くはありませんがローンカードを発行している業者もあります。ですから、地方業者であっても、必ずしも使い勝手が悪いということありません。

審査方法は、大手消費者金融のようなスコアリング審査ではなく、人力で行われています。審査に融通性を持たせているので、現況から判断して返済が可能と判断されれば融資を受ける事も可能です。

初回の融資限度額はそれほど高くはありませんが、とりあえずお金を借りなければならないという方は、申込先を中小消費者金融まで範囲を広げれば、融資をしてもらえるところがきっと見つかるはずです。

クレジットカードのキャッシング枠の利用はおすすめしない

キャッシング枠とは、クレジットカードに付帯されている機能で、対応しているATMで現金を引き出すことができます。このキャッシング枠が付帯されていれば、クレジットカードで返済の延滞を起こしていても一応はお金を引き出すことができます。

しかし、クレジットカードを作れば必ずこの機能がついているというわけではありません。クレジットカードを作成したときに、キャッシング枠を付帯させていればそのまま利用することができますが、付帯させていなかった場合は申し込む必要があります。

その際、審査が行われます。審査では当然、個人信用情報を確認されるので、金融事故情報が記載されていると審査には通りません。また、最悪のケースではクレジットカードの利用そのものを停止される可能性もあります。

いずれにしろ、あまりにひどい状況であると再審査にかかわらずクレジットカードを停止される可能性が高いので、あまりあてにするのは危険です。

まとめ

他社のカードローンやクレジットカードで延滞などを起こしていると、一定期間はプロミスへ申し込みをしても審査に通る事はありません。

どうしても急ぎでお金を借りなければならない時は、中小消費者金融の利用を検討する事も考えなくてはなりません。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もいます...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較