プロミス

プロミスはすぐ借りれる?すぐに借りたいときにとるべき行動

プロミス」は「すぐ借りられる」という事が人気のある理由のひとつになっています。キャッシングでお金を借りる時、もはや即日融資は無くてはならないサービスとなっています。

プロミス」で即日融資を受ける時のコツなどを紹介してみたいと思います。

プロミス

消費者金融のスペックを比較する

消費者金融と呼ばれるのは「プロミス」はもちろん「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」があります。

それぞれの基本スペックは下の表のようになっており、金利や融資限度額は多少違いがありますが、審査時間が最短30分と共通しています。

消費者金融 金利(実質年利) 融資限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル 3.0%~18.0% 500万円 最短30分
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円 最短30分

「プロミス」と他社では、金利に大きな違いがあります。「プロミス」の上限金利は17.8%なのに対して、他社の上限金利は一律18.0%となっています。

カードローンを申込んだ時、初回の金利は上限金利が適用されます。大手4社の中でも「プロミス」が最も低いので、金利面から比較をした時は「プロミス」がおすすめです。

プロミスの申込条件と今すぐ借りるために用意しておくもの

「プロミス」の申込条件は、「満年齢20歳以上69歳までの方で、安定した収入がある方」です。安定した収入と言うのは毎月一定の収入があり、毎月の返済が問題なくできる範囲ということなので、正社員だけでなくパートやアルバイト、派遣社員、個人事業主でも申込が出来ます。

本人確認書類は、申し込みをするときに必ず必要になります。運転免許証があれば十分ですが、持っていない人はパスポートや健康保険証+住民票があれば問題ありません。

借入希望額が50万円を超える場合や、すでに他社からの借り入れがある場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は、収入証明書(源泉徴収票、確定申告表、給与明細書など)が必要になります。

50万円以下の借入希望額の場合は、特に問題がなければ本人確認書類の提出だけで済みます。すぐ借りたい時は審査をスムーズに終わらせるためにも、借入希望額を50万円以下にする事をおすすめします。

申込方法はWeb申込がおすすめ

プロミスの申し込み方法は以下の4種類です。

  • インターネットから申込む方法
  • 電話による申込方法
  • 自動契約機から申込む方法
  • 郵送での申込

このうち、郵送は契約までに数日かかるので、即日融資を希望する場合はそれ以外の方法で申し込む必要があります。

Web申込

パソコンやスマホから申し込みができます。
特にアプリローンを利用すればWEB完結で申し込みから契約が可能です。

申し込みは、入力フォームに必要な情報入力し、必要書類をアプリからアップロードすることができます。

その後、審査に通れば契約も借り入れもそのままアプリ上で行うことができます。振込手続きをしたり、コンビニATMでお金を引き出したり、状況に合わせて利用しましょう。

自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)

プロミスの自動契約機は平日だけでなく土日祝日も営業しているので、営業時間内であれば免許証だけをもっていけば申し込むことが出来ます。

タッチパネル式の操作を進めていくだけなので非常にわかりやすく、わからないことがあってもオペレーターと電話で相談する事が出来ます。

一部を除き、午前9時から午後9時の営業時間内に、本人確認書類のどれか1つを持って行けば審査が受けられますが、即日融資を受けたい場合は、21時までに申し込みを完了しておく必要があります。

ちなみに「プロミス」は自社の自動契約機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機からでも申込から融資が受けられるので、近くに自動契約機がない場合は、三井住友銀行のローン契約機からも申込が可能です。

申込書を送信する前に内容を再チェックする

カードローンの審査が通らない理由として、申込書の記入漏れや記入ミスなどが原因で審査に通らないというのが一番多いようです。初歩的な事ですが、申込に記入漏れや記入ミス、「嘘の記述」があると、それが原因で審査に落ちてしまう場合があります。

故意的に年収を多めに書いたり、勤務先で嘘の記載をしたり、連絡先や住所の誤記入が原因となって審査に通らないという方も少なくないようです。

すぐに借りたい時は、申込内容をすべて記入したら一度見直し、記入漏れや記入ミスがないかを再確認してから送信する事が重要になります。

プロミスの審査は最短30分

審査は申込書に記入した内容と、信用情報機関の個人情報に基づいて審査が行われます。申込書の記入内容は多岐にわたりますが、ポイントとなるのは「勤続年数」が非常に重要な審査項目になります。

「プロミス」側からすれば「毎月返済してもらうこと」が最も重要になるので、勤続年数の短い正社員よりも、勤続年数の長い、パートやアルバイトの方が有利になることがあります。

あとは申込書の審査内容で嘘をつかないように正しい情報を記入して、審査結果が来るのを待つだけです。

借入方法は「瞬フリ」か「アプリローン」がおすすめ

「プロミス」の会員サービスの1つである「瞬フリ」は、急いでいる時でもすぐ借りられる振込キャッシングサービスです。モアタイム(振込可能時間拡大)を導入している金融機関を利用していれば、大手・地方に限らず利用可能です。原則24時間最短10秒でいつでも振込が可能になります。振込手数料も無料ですので、利便性はとても高いでしょう。

また、アプリローンを利用すれば契約後すぐにセブン銀行ATMやローソン銀行ATMで借入できます。スマホアプリで取引を行うので、カードを取りに行く必要がないという大きなメリットがあります。また、振込手続きも行うことができるので、事前にお金を自分の口座に振り込んでおくことも可能です。

まとめ

「プロミス」では、申込方法や借入方法が幅広く提供されていうので、自分の環境に合わせた方法を選べます。

プロミスですぐに借りたい時は、必要なものはすべて事前に揃え、出来るだけ借入限度額を低く申込む事がポイントです。

また、無理のない返済計画を立てて利用する事が重要になります。

プロミス

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もい...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較