プロミス

プロミスで今日借りる方法は?借り方から審査スペックまとめ

プロミスは審査の早さや金利、融資の柔軟性、会員サービスなどが、実にバランスよくまとまったキャッシング会社です。

即日融資も可能で、自動契約機でカードを受け取る、アプリローンを申し込むなどの方法で土日祝日でもお金を借りることができます。

また、30日間の利息期間が利用できるなど、利用者にとって、全体的に隙のないサービスが受けられます。

300 × 250
\プロミスのお申し込みはコチラから/

プロミスのスペック

実質年率 4.5%~17.8%
融資限度額 最大500万円
申し込み条件 満20歳~満69歳の安定した収入のある方
(主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方は審査のうえご利用が可能)

以前のプロミスは、消費者金融の社名でしたが、現在はSMBCグループの傘下にあるSMBCコンシューマーファイナンス㈱のブランド名プロミスとなっています。プロミスの基本スペックは、年利4.5%~17.8%、融資限度額は最大で500万円となっています。

満20歳~満69歳の安定した収入のある方が対象です。安定した収入があれば主婦、学生、パート、アルバイトでも申し込みが可能です。

ここでいう主婦とは、パートやアルバイトをしている兼業主婦の事なので注意が必要です。無収入の専業主婦は総量規制の関係で申し込みが出来ません。

プロミスの申し込み方法

プロミスの申し込み方法は、

  • インターネット申込(ウェブサイト、スマホアプリなど)
  • 自動契約機
  • 三井住友銀行のローン契約機
  • 電話
  • お客様サービスプラザ
  • 郵送

これらの中から、自分の環境に合わせた申し込み方法が選べます。

たとえば、即日融資で借りたい時は、契約までに日数がかかる郵送以外の方法を選ぶ必要があります。また、申し込みに不安がある方は、自動契約機や三井住友銀行のローン契約機、電話、お客様サービスプラザから申し込みをすれば、担当者が丁寧に教えてくれるので心配ありません。

インターネット申し込みなら24時間365日、いつでもどこでも申し込みが出来るので、日中は外出できない方や、店舗へ出入りしているところを見られたくないという方はおすすめです。

カード発行をしてもらうつもりなら、自動契約機の営業時間内に審査を受ければよいので、銀行の営業時間を気にする必要はありません。アプリローンの場合、契約した後は提携しているコンビATMのスマホ取引を利用してお金を引き出す、または「瞬フリ」を利用して口座振込をしてもらうことができます。

「瞬フリ」は振込申し込み後最短10秒で指定の口座へ振り込んでもらえるサービスで、全国200以上の銀行が対応しています。24時間振込可能な金融機関に口座を作っておけば、時間曜日に関係なく振込キャッシングで借りることが出来ます。

自動契約機からプロミスを申し込む

自動契約機や、三井住友銀行ローン契約機から直接申し込みが出来ます。そのまま申込むと無駄な時間が発生してしまいますが、インターネットから申し込みを済ませ、審査結果を見てから必要な書類を持って自動契約機で残りの手続きを行うとスムーズに審査ができます。

契約が終われば自動契約機からカードを受け取り、提携ATMで現金を引き出せます。自動契約機やローン契約機は9:00~21:00(※契約機により営業時間が異なります)まで営業しているので、銀行の営業時間を過ぎていても安心してお金が借りられます。

また、自動契約機やローン契約機は365日営業なので、土日祝日でも即日融資が可能です。

自動契約機へ行く時は書類を忘れず持って行く

自動契約機やローン契約機から本審査を受ける場合は、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)などの必要種類を直接スキャナーに読み込ませます。

そのため、書類は忘れずに持っていく必要があります。書類を持って行かなければ、途中で取りに帰る事になるので、出かける前に再度確認するのがポイントです。

プロミスの審査で重視していること

最短1時間

口コミなどの情報を見てもプロミスの人気が高く、「できるならプロミスへ申し込みたい」という方も少なくありません。

しかし中には「審査に通るか不安」と言う方もおられますが、キャッシングの審査は、大手消費者金融なら、ほとんど同じで、どこが厳しいとか、どこが緩いというような判断は出来ません。

審査で重要視しているのは貸したお金が返ってくるのかどうかという事で、「お金を貸しても良い」と判断されれば融資が受けられますし、返済が出来ないと判断すれば、当然の事ですが融資は断られます。

マネー案内人
マネー案内人
プロミスの審査を受ける時は、抑えるべきポイントを押さえておけば審査に通る可能性は高くなります。

プロミスで審査落ちしない!3つのポイント

申込書の記入ミスや嘘の記載をしない

審査で落とされる理由として最も多いのが、申込書の記入ミスや記入漏れです。たとえば、連絡先の記入ミスがあった場合、申込確認のために連絡しようと思っても連絡が取れないことや、虚偽の情報を提出したとして補油化が下がり、審査に落とされてしまいます。

また、少しでも多くのお金を借りようとして年収などの情報を偽ってもすぐにバレてしまうので、正直に記入する事が重要です。提出前に記入漏れやミスがないか再確認してから提出する事がポイントです。

重要なのは安定した収入が有ること

プロミスの申し込み条件にあるように、安定した収入があれば、正社員に限らずパートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも申し込みが出来ます。

特に勤続年数は大事なポイントで、同じ職場にいればいるほど評価は上がります。逆に、転職した直後や、転職を繰り返していると、評価は下がります。同じように、高収入でも月々の収入が安定していない場合も評価は下がります。

他社借入で延滞や滞納がない

信用情報機関の個人情報には今までの借り入れ情報が記録されており、その中に返済の延滞などの事故情報が登録されていると、審査に通過するのは難しくなります。

他社で借入れをしていても、返済実績に問題がなければ信用度が高くなり、プロミスが2社目の申し込み先でも、審査通過の可能性はあります。しかし、借入記録が全くないスーパーホワイト状態、借入件数が3社を超える、借入金額が年収の3分の1を超える可能性がある場合は、融資を断られる可能性が高くなります。

プロミスの無利息期間サービスを利用する

プロミスには30日間無利息期間サービスがあります。初めてプロミスに申し込みをした人が対象で、メールアドレスとWeb明細に登録すれば利用できるようになります。

プロミスの無利息期間が他社と違うのは、初回利用時だけでなく、ポイントサービスを活用することで再度無利息期間サービスを利用できるようになることです。

250ポイントなら7日間、400ポイントなら15日間、700ポイントなら30日間の無利息サービスが受けられます。

他社の消費者金融の無利息サービスとの違い

無利息期間は、ほとんどの場合初回利用時のみに適用されるサービスですが、借入をして決められた期間内に返済すればその間の利息は発生しないというお得なサービスです。

無利息期間サービスの仕様は消費者金融ごとに若干異なります。

サービス名 無利息期間 適用開始日 適用回数 条件など
プロミス 30日間 初回借入日の翌日 ポイントサービスを利用することで再利用可能 ・初めてプロミスを利用する
・メールアドレスを登録&Web明細に設定
・ポイントサービスを利用する
アコム 30日間 契約日の翌日 初回のみ 初めてアコムを利用する
アイフル 30日間 契約日の翌日 初回のみ 初めてアイフルを利用する
レイクALSA 180日間 契約日の翌日 初回のみ ・初めてレイクALSAを利用する
・借入金5万円まで
60日間 契約日の翌日 初回のみ ・初めてレイクALSAを利用する
・借入金額全額に対して
ノーローン 7日間 借入日の翌日 何度でも 完済した翌月は再度7日間利用が可能

このように無利息期間が適用されるタイミングが消費者金融ごとに異なります。

契約後すぐに借り入れしない人が、契約直後から無利息期間が適用される消費者金融に申し込んでしまうと、その日数分損をしてしまいます。場合によっては、無利息期間を全く使用せずに適用期間が終了してしまうかもしれません。

そうならないために、無利息期間が適用されるタイミングを知っておく必要があります。

無利息期間がスタートするタイミングを知っておく

無利息期間はいつ始まるかという事が重要で、契約した日から○○日間と、初回借入時から○○日間という違いがあります。そのため、無利息期間がいつから適用されるのかはとても重要な要素です。

たとえば、アイフルのように、契約した日から30日の場合は、借入したのが契約してから20日目だったとすると、無利息期間は10日間になってしまいます。

プロミスやノーローンの場合、無利息期間のスタート時期は最初に借入をした翌日からなので、アコムやアイフルのように、知らない間に無利息期間を過ぎていたという事はありません。

プロミスの場合、契約日がいつであっても、借入をした翌日から30日間が無利息期間になります。さらにポイントサービスを利用すれば、貯めたポイントで再度無利息期間を利用することができます。

プロミスの無利息期間サービスは、借入るまでは消費されないため、自分の使いたいタイミングで利用できるのが大きな魅力です。

プロミスの利息は?10万円借りたときの支払いシミュレーション

キャッシングでお金を借りた時、自分が借りたお金にどれくらいの利息を支払うことになるのかを知っておく必要が有ります。

返済については、キャッシング会社のホームページに「返済シミュレーション」などが用意されているので、借入金額や金利、毎月返済額などを入力すればすぐにわかるようになっています。

プロミスの返済シミュレーションは

  1. 「返済回数から毎月の返済金額を算出する」
  2. 「毎月一定の金額で返済する時の返済期間を算出する」
  3. 「毎月の返済可能額と返済期間を設定して借入可能額を算出する」

という3つのシミュレーションが可能です。

たとえば、金利17.8%で10万円を借りて、毎月1万円の返済を入力し「シミュレーション実行」アイコンを押すと「返済終了まで11カ月」と言う結果が出ます。

「返済計画の詳細を見る」をクリックすると利息がどれくらいで、総返済額かいくらなのかも知る事が出来ます。返済シミュレーションを使えば、無理のない効果的な返済計画を立てることができます。

プロミスのATMキャッシングの便利な使い方

atm
マネー案内人
マネー案内人
プロミスは駅前などに無人店舗(自動契約機)を構えています。ビル型店舗と独立型店舗の2種類ありますが、どちらも契約コーナーとATMが設置されています。

プロミスのATMでは、手数料が無料で借入や返済ができるようになっています。返済に関しては、カードが手元になくてもできるので大変便利です。通常ATMでの取引にはローンカードが必要になりますが、「カードなし」ボタンを押して「氏名、生年月日、電話番号」を入力すると返済のみできます。

消費者金融の無人店舗は入りづらい方は、振込キャッシングやコンビニATMで借りるとよいでしょう。ただ、プロミスの場合三井住友銀行のATMも利用できるので、こちらを利用することもできます。

ほとんどのコンビニATMと提携しているので、引き出しや返済に困ることはありません。ただし、提携ATMの場合は使用手数料が発生するので、無計画に何度も利用していると無駄な出費が重なることになるので注意が必要です。

プロミスで増額は可能?

プロミス増額

プロミスで初めて契約した時の限度額が低いと感じたことがある人は少なくありません。基本的にどこで借りても同じですが、最初の契約時は金額を低く抑えて契約するようになっています。ただ、限度額は一度決まれば変えられないというものではなく、増額することが可能です。

例えば「契約時に利用限度額は20万円で契約したけど、もっと借りたいから利用限度額を50万円にしたい」と申し出るのが増額申請です。自分から申し込むこともできますし、優良顧客であるなら「プロミスから増額の案内が届く」こともあります。

増額の案内は下記の条件を満たしている人に届けられるようです。

  • 返済日に遅れた事の無い人。
  • 契約後に半年以上継続的に借りたり返したりを続けている人。
  • 他社から新たな借入れをしていない人。

増額の案内が届けば自動的に増額してもらるわけではなく、増額審査は必ず受ける必要があります。返済実績、借入件数や借入金額に問題がなく、収入などの属性が上がっていると増額してもらいやすくなります。

プロミスの増額申込の方法は?

増額をするには、「プロミスコールに電話を掛ける」、「会員サービスから申し込む」という二つの方法があります。

プロミスコールとはプロミスのフリーコールで、入力が苦手な人にはピッタリな申し込み方法です。会員サービスからの申し込みは、時間に関係なく何時でも申し込みが可能なので24時間いつでも都合のよい時間に申し込みが出来ます。

プロミスのメリット・デメリット

メリットデメリット

プロミスは多くのメリットが有ります。中でも評判になっているのは、最短即日融資が可能というメリットです。プロミスでは申し込み当日に銀行振込みで借りる事も可能です。全銀システム稼働時間拡大に伴い、2018年10月15日より原則24時間最短10秒で振込可能となっています。

アプリローンや、自動契約機でカードを受け取る方法なら、土日や祝日でも即日融資が可能です。どちらもプロミスの審査回答可能時間までに契約を終える必要がありますが、その時間内に契約できればすぐにお金を借りることができます。

会員サービスにある「瞬フリ」を利用すると、365日24時間対応の最短10秒振り込みの即フリも可能です。三井住友銀行やPayPay銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座登録が必要となりますが、来店不要でお金を借りるというメリットがあります。

プロミスで、申し込みまたは借入をすると、信用情報機関に履歴が残ります。返済を延滞することなく完済すれば信用度が増しますが、返済遅れが何度も重なると、今後のローン審査に大きな悪影響を与えてしまいます。

しかし、住宅ローンなどの大口のローンを契約する場合、借入や問題を起こしていなくてもプロミスと契約をしているだけで、審査には何らかの影響が出る場合もあります。

近いうちにローンを組む予定のある方は、返済実績に傷をつけないように完済し、すぐに解約してしまいましょう。

キャッシングを利用して発生するデメリットはプロミスに限ったことではありません。どんな金融会社を利用するにしても、キャッシングは計画的に行う必要があります。

300 × 250
\プロミスのお申し込みはコチラから/
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較