お金のコラム

転職するには貯えが必要?お金がない方が転職する方法はこれ!

お金がない方が転職する方法について

希望をもって入社した会社が「こんなはずではなかった」と思っている人も少なくありません。

しかし、転職をするにはある程度の準備をしてから転職する事が望ましいのですが、転職の理由として「今の会社は給料が低い」というのが理由という人も多く、貯金などはほとんどできてないという人もいます。

ではお金はないけれど、今すぐに転職したいという場合、どうすればよいのでしょう。

ここでは、お金がない状態でも、転職出来る方法を紹介します。

お金が無くても転職するのは可能?

転職を考える時、転職費用がない状態で転職すると、活動費用や生活費が足らなくなるので、ある程度の貯えがなければ焦りも出て不安になります。ですから、転職するにしてもある程度、転職するためのお金は必要です。

生活費に関しては、ハローワークへ失業保険の申請をすればある程度の期間は確保できますが、自主退職の場合は3か月間の待機期間があるので、その間の生活費は何らかの方法で確保しなければなりません。

貯えがない状態での退職や転職はかなり苦しい状況になってしまう可能性があります。

では、お金がない状態で転職するためにはどうするのがよいのでしょう。

転職に必要な費用とは

では、転職をする際、何のお金が必要なのかという事ですが、まずは休職期間中の生活費を確保しなければなりません。そのほかにも、国民健康保険料や国民年金、市町村税、転職活動費用などすべてを賄わなければなりません。

ちなみに、リクナビNEXTのアンケート調査では、約2割の人が3週間以内に転職しています。1カ月間で内定が出た人も合わせると、37%が時間をかけずに転職出来たことになります。

反対に全体の63%が2カ月以上かかっていて、そのうちの27%は転職までに4カ月以上の期間を要したという結果になっています。

出来るだけ、早く決まることが望ましいですが、転職活動を始める際は、ある程度期間に余裕を持ってスケジュールを立てておく事をおすすめします。

在職中の転職活動がベスト

基本的に転職活動は在職中にしてするのがベストです。

同じくリクナビNEXTの調査では、在職中の転職者の平均支出額36万円に対して、退職後の転職者は71万円もかかっているという結果が出ています。

退職してからの転職は不利

その理由として、失業状態の人のほうが採用に不利な場合が多く、転職活動が長期化するからで、なぜ不利になるのかという理由は、企業から「前の会社を辞めた理由はほかにもあるのでは?」というにマイナスイメージを持たれるからです。

また、失業中の人は「早く転職先を決めなくては」という焦りがあり、精神的にも余裕がなくなってしまい、思いとは反対に月日ばかり経ってしまい、支出が増えたというようなアンケート結果が出ています。

退職してからの転職活動は思うように動けない

貯金なしで退職すると、日々暮らしていくことさえ困難な状態になってしまいます。お金がないまま、退職してしまうと、生活費や健康保険、税金などの費用すべてを確保しなければなりませんし、転職活動の費用も捻出でいないために、まともな活動ができません。

退職すれば失業保険の申請が出来ますが、自主退職の場合は、3か月間の待機期間がありますし、支給されるのは3ヶ月間だけで、支給されるお金はこれまでもらってきた給料の60%程度なので決して十分なお金とは言えません。

もし、会社を辞めずに転職活動をすれば毎月給料が入ってくるわけですから、これまでの生活と変わりません。まずは会社を辞めずに転職活動をする事が重要です。

退職は1年以上経過してから

失業保険は、退職前の2年間に12カ月以上雇用保険に加入していることが前提になります。

リストラや倒産といった会社都合で退職した場合は退職前の1年間に6カ月以上加入していれば対象となりますが、1年未満で退職した場合は失業手当がもらえないので注意が必要です。

転職をスムーズに進める方法

転職は出来るだけ早く次の勤め先を決める必要がありますが、焦って決めてしまうとさらに後悔する事にもなりかねません。

転職をスムーズに進める方法として、

  1. ハローワークを活用する
  2. 転職エージェントを利用する

という方法がおすすめです。

ハローワークを活用する

ハローワークは失業保険の手続きをするだけでなく、実際に転職活動を行う際の強い味方にもなってもらえます。自分で転職先を探すのは限度があるので、そんな時はハローワークで求人募集を閲覧するのもひとつの方法です。

希望する転職先が見つかれば、相手先の会社へ連絡を取ってもらったり、面接などの打ち合わせをしてもらえたりと、求職希望者には力強い味方になってもらえます。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、貯金がなく、今の会社を辞めてからの転職活動をすることが困難な方にとってぴったりなサービスです。

在職中に転職先を探す場合、転職サイトで検索し、自分で履歴書などを用意して申し込み、面接日程を決めて面接に行く、という一連の流れになりますが、このような転職サイトだけでなく、転職エージェントを利用した方法もあります。

転職エージェントは、無料で利用が可能で、サポートもしっかりしているので、申し込みさえしておけば、転職に対する不安や、精神的な負担もかなり軽減できます転職エージェントはキャリアカウンセリングを受ける事も出来ますし、履歴書や職務経歴書の添削をしてくれます。

また、会社との面接日程を調整してもらったり、会社との面接対策を教えてもらったり出来るので、面接に行くにしても安心して臨めます。さらに、退職手続きや、退職するためのアドバイスももらえます。

転職エージェントはお金がなく、会社を辞めてからの転職活動をすることが困難な方におすすめのサービスです。

まとめ

転職を希望する時は、出来るだけ早い時期に希望する転職先を見つける事が大切です。しかし、失業期間中のお金が必要になりますし、失業保険が入ってくるのは3か月先になります。

その間を乗り切るための転職資金を作るには、カードローンの利用もひとつの方法です。カードローンの申込は在職中に済ませておく必要がありますが、契約を済ませておけば、お金が必要になった時は、限度額の範囲内で何度でも利用できます。

借りたお金は毎月決まったお金を返済する必要がありますが、無理のない返済額になっています。転職先が決まれば、残額の一括返済も可能なので、急場しのぎにカードローンを利用するのもひとつの方法です。

消費者金融ランキング借りやすい消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較