即日お金借りるなら?今すぐ絶対お金借りたいあなたへ【お金借りるOvid】

はじめてお金を借りるなら「プロミス」「レイクALSA」「アコム」といった大手消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融は即日融資が可能で、お得な無利息サービスもあり、実績やノウハウがしっかりしているためです。無利息期間がある消費者金融を有効に活用することで利息を抑えることが可能になります。

しかしお金を借りる際には注意すべき点も多くあります。トラブルに遭わないためにもよく考えて、計画的に利用する必要があります。

この記事の目次

今すぐお金が必要なら「即日融資」を利用しよう

消費者金融には、申し込みをした当日にお金を借りられる即日融資というサービスがあります。

即日融資を実現するには、即日融資を行っている消費者金融を選び、申し込みから契約までをその日のうちに完了させる必要があります。

最近ではスマホを使ってインターネットからの申し込みが可能で、必要書類もメールに添付して送信したり、スマホアプリでそのまま送ったり出来るので、来店不要でお金を借りることができます。

キャッシング審査は、土日祝日でも平日同様に即日審査を行っているので、休日でも即日融資が可能です。今すぐお金が必要な場合でも、安心してお金が借りられます。

消費者金融 審査時間 金利 融資限度額
プロミス
プロミス
最短30分 4.5%~17.8% 500万円

アコム
最短30分 3.0%~18.0% 800万円

レイクALSA
最短15秒 4.5%~18.0% 500万円

アイフル
最短25分 3.0%~18.0% 800万円
SMBCモビット
SMBCモビット
10秒簡易審査 3.0%~18.0% 800万円

新型コロナの影響を受けた人への貸付

生活福祉資金貸付制度では、新型コロナウイルス感染症の影響で生活が困窮している方を対象とした貸付を行っています。

収入が減少して生活の維持が困難な人は、総合支援資金または緊急小口資金の特例貸付を利用することができます。申請期間は2022年3月末までとなっています。

収入が減少した影響で住居を失う可能性がある人は、住居確保給付金が利用できます。ただし、再支給のみとなっているため、すでに利用したことがある方に限られます。こちらの申請期間は2022年3月末まで、支給される期間は3カ月間となっています。

総合支援資金または緊急小口資金の特例貸付の利用対象外とされた人は、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を利用することができます。ただし、利用条件を満たしている必要があります。

「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」利用条件
1.収入が下記金額の合算額を超えないこと(月額)
・市町村民税均等割非課税額の1/12
・生活保護の住宅扶助基準額

2.預金額が「市町村民税均等割非課税額の1/12」の6倍以下であること(ただし100万円以下)

3.求職要件を満たしていること(下記のいずれか一つ)
・ハローワークに登録し、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと
・就労による自立が困難であり、給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと

即日融資に対応している金融業者の選び方

金利や限度額、即日融資などサービス内容が似ていて、どこからお金を借りたらよいのか分からないという方は少なくありません。

希望しているサービスを提供している金融会社を選ぶためのコツは、自分が何を求めているかをはっきりさせることです。

優先度を考えて借入先を絞り込む

お金を借りる時に優先度を考えておくと、利用できる金融機関を絞ることができます。

「今日、明日中にはお金を用意しなければならない」
「お金が必要になった時に、対処が出来るようにしておきたい」

と言うように、切羽詰まっているのか余裕があるのかで、申し込む金融機関を決めるポイントになります。

「すぐにお金が必要」な時は即日融資が可能な消費者金融から選べばよいですし、「今すぐと言うわけではないけど将来に備えて」と言う場合は、低金利な銀行カードローンから探せばよい事になります。

使用目的をはっきりさせる

借りたお金を何に使うのかをはっきりさせておくのも有効な手段です。

目的がはっきりしていれば利用すべきローン商品が分かり、その商品を取り扱っている金融会社をピックアップすることができます。

選択肢が狭まるので会社を比較しやすくなり、迷うことも少なくなります。

申込金額は少額に設定する

消費者金融のカードローンは総量規制の対象となっているので、年収の3分の1以上の借入はできません。また、高額で申し込むと審査に時間がかかったり、可決されにくくなったりします。

そのためカードローンを利用する場合は、出来るだけ少額で申し込むのがベストです。

目的が決まっている場合は、自分の目的に合ったローン商品がないか探しましょう。目的型ローンは総量規制対象外になっているものもあり、カードローンよりも好条件で借りられる可能性が高くなります。ただし、目的型ローンは申し込み条件が少し厳しく、一括融資で繰り返し利用することはできないので、カードローンの代用にはできません。

消費者金融でお金を借りるメリット・デメリット

消費者金融はメリットが多く、人気の高い借入方法のひとつです。

  • 即日融資が可能である
  • 無利息期間サービスがある
  • スマホアプリで取引ができる

審査スピードの速さや、サービスが充実しており、とても手軽に利用することができます。

即日キャッシングのメリット

即日融資の最大のメリットは、申し込みから融資までが短時間で終わる事です。パソコンやスマホを使ってインターネットで申し込みをすれば、最短30分で審査回答が得られます。

その後、必要書類をメールやスマホアプリで送ることで審査手続きは完了です。契約後、指定口座への振込みで融資を受けるまでの時間は、最も早いところで最短10秒となっています。

契約が完了すると、その後は限度額内で自由に借り入れができますし、大手消費者金融なら即日振込が当たり前になっています。

また、キャッシングの即日融資は、用意する書類が少ない事も特徴の一つです。借入希望限度額が50万円以下の場合、必要書類は運転免許証や保険証といった本人確認書類があれば十分です。

借入希望限度額が50万円以上、または他社との合計借入額が100万円以上の場合は、上記に加えて収入証明書が必要になります。

銀行の金融商品でお金を借りる場合は保証人や担保設定が必要になるものもありますが、キャッシングは担保や保証人が必要ありません。本人の信用度だけでお金が借りられるので、他人に迷惑を掛ける事もありません。

即日キャッシングのデメリット

即日融資は消費者金融がある程度のリスクを背負う契約になるので、金利が少し高めの設定となっています。

たとえば銀行カードローンの平均金利が14%~15%なのに対して、消費者金融の金利は18%近くになります。数字だけ見るとあまり変わらないように思えますが、借入額が増えれば支払う利息も多くなるので、金利は低いにこしたことはありません。

即日融資でお金を借りる時、短期でお金を借りるつもりなら多少の金利差は問題になりませんが、長期でお金を借りる場合は金利を優先して申込先を決める必要があります。

キャッシングの問題点の一つは、ついついお金を借り過ぎてしまう事です。カードやアプリで手軽にお金を借りられてしまうため、便利なサービスに慣れてくると、まるで自分の預金を引き出すかのように借り入れをしてしまいがちです。
気が付けば返済が出来ないくらいまで借金が膨らんでいた。という事もあるので、借り入れ前には必ず返済計画を立て、お金を借り過ぎないように注意する事が重要です。

即日キャッシングを利用するときの注意点

急いでいる時はとくに「どこでもいいから借りられたらいい。」という気持ちになりますが、いくら急いでいると言っても、最低限確認しておかなければならない事があります。

即日融資が可能なキャッシング会社かどうか

キャッシングのネット広告や雑誌の広告に「即日融資可能」とか「即日審査可能」という言葉を見る事があります。どちらも「即日」という言葉が使われています。よく似た言葉ですが、内容がまったく違うので注意が必要です。

「即日融資可能」は、申し込みをした当日中に融資が受けられる事
「即日審査可能」は、申し込みをした当日中に審査結果が出る事

つまり、「即日審査」はお金を貸してもよいかどうかの審査をするだけなので、当日中に融資が実行されるわけではありません。「即日融資」と「即日審査」この違いを知っておく必要があります。

お金を借りる先は慎重に選ぶ

即日融資でお金を借りたい時は、いくら急いでいても、借入先は慎重に選ばなければなりません。お金を借りる時は、少しでも低い金利でお金を借りたいものですが、金利ばかりに気を取られていては、審査スピードの確認が疎かになります。

どうしても今すぐお金が必要な時は、審査スピードの早い大手消費者金融へ申し込む事をオススメします。

消費者金融の審査は業界トップクラス。申し込みから借り入れまでを1時間程度で全てを完結することが可能です。

24時間受付可能=24時間審査可能ではない

「24時間申込受付可能」という宣伝文句にも注意が必要です。
24時間いつでも受付をしているので、申し込みすればいつでも審査が始まり、審査に通ればお金が借りられると思っている方もいます。

しかし「24時間受付」というのは、24時間申し込みを受け付ているということで、24時間審査が受けられる事ではありません。審査は営業時間内でないと受けられないので、申し込むタイミングも重要です。

即日融資が可能なのは消費者金融のみ

即日融資は、大手や中小の消費者金融で申し込みが出来ます。

特に大手消費者金融は、即日振込やスマホアプリでの取引が可能なため、営業時間内に契約できれば即日融資を受けることができます。

カードローン 審査時間 審査回答時間 即時振込可能時間
プロミス 最短30分 9:00~21:00 24時間対応
※金融機関により受付時間ならびに振込可能時間が異なります。
アコム 最短30分 9:00~21:00 0:10~23:49(楽天銀行)
※金融機関により受付時間ならびに振込可能時間が異なります。
レイクALSA 最短15秒 8:10~21:50
第3日曜日8:10~19:00
※コロナ禍により、営業短縮のため19時(日曜日は18時)までとなっています。
24時間対応
※金融機関により受付時間ならびに振込可能時間が異なります。
アイフル 最短30分 9:00~21:00 24時間対応
※金融機関により受付時間ならびに振込可能時間が異なります。
SMBCモビット 最短30分 9:00~21:00 24時間対応
※金融機関により受付時間ならびに振込可能時間が異なります。

審査回答時間を過ぎてから申し込むと、審査は翌日に行われます。これはインターネット申込でも無人契約機でも同じなので、当日中に融資を受けたい場合はできるだけ早めに申し込みましょう。

最短30分で審査完了としていますが、実際にはそれ以上の時間が掛かることも珍しくありません。

銀行で即日お金を借りることはできる?

2018年1月から銀行カードローンの即日融資は不可能となりました。

銀行カードローンの審査は、申込者が銀行へ申し込み、保証協会による審査と、申込書の記入内容のチェックと信用情報機関の個人情報に基づいた審査が行われ、審査に合格すると融資が可能という流れでした。

しかし、2018年1月からこの過程に加えて、預金保険機構を間に挟み、警察庁の専用回線でつなぎ、利用者が反社会的勢力に属していないかの確認をする工程が増えました。

このデータを照合するのに、早くて1日、長くて1週間以上必要で、その確認が完了して履歴に問題がなければ融資が行われる仕組みです。そのため即日融資が可能なのは消費者金融だけになります。

大手消費者金融と中堅消費者金融の違い

大手消費者金融でも中堅消費者金融といっても、仕組みに大きな違いはありません。

近年は中堅消費者金融も、地元だけでなくインターネットを使って全国からの申し込みを受け付けています。申し込みをするために店舗へ出向く必要がなくなっているので、利便性から見ても、大手企業と中小企業でも差はなくなってきています。

大手と中堅消費者金融の大きいな違いは、借入れの際の審査方法です。

大手消費者金融はコンピューターを利用したスコアリングシステムで審査を行い、融資が可能か、融資が可能な場合にはいくらまで貸せるか、という判断をわずか数分で出せるようなシステムを構築しています。

たとえば、申込者の収入や年代や勤務状況などのデータが、これまで蓄積されたデータの中で、優良顧客のデータに近ければ、融資の可能性は高くなり、延滞を起こした事があるような顧客のデータに近ければ借入の契約が厳しくなります。

大手の審査方法はスピーディですが、マニュアル通りに進められます。属性や提出した情報に不備があると融資を断られることもあります。

中小堅消費者金融で借りる

消費者金融の中には、名前のよく知られた大手消費者金融以外にも、地元を中心に貸金業を営んでいる消費者金融があります

大手の金融機関に比べると企業の規模は小さいですが、金融庁に貸金業登録をしている正規の貸金業者で、法に基づいた運営が行われています。

最近は地元だけでなく、インターネット申し込みが可能になり、振込キャッシングと併せて全国展開をしている中小消費者金優が増えています。

中堅消費者金融の金利は大手の金融機関と比べて、特別高いということはありませんが、借入限度額は大手金融機関の借入限度額に比べると、比較的低めに設定されています。

認知度や融資金額の点からは大手金融機関に申し込みをする事をオススメしますが、中堅消費者金融も優良な貸付を行っているので、大手消費者金融からお金を借りられなかった人は検討してみるのもよいでしょう。

中堅消費者金融の審査

大手消費者金融の審査は、コンピューターのシステムを使ってマニュアル通りに進められるので、少しでも条件から外れていた場合は審査に落ちてしまいます。

一方で、中小消費者金融は過去に延滞や債務整理などの金融事故があったとしても、現在の収入状況や生活状況から、今後の返済がしっかりと続けていけるかどうかを担当者自身が見極めて判断するという実情にあわせた審査を行っています。

ただ、いくら審査が緩いと言っても、信用情報等はしっかり確認をします。

大手消費者金融でお金を借りられなかったからとあきらめずに、審査の申込先を中堅消費者金融まで広げれば、借り入れ先がきっと見つかるはずです。

中堅消費者金融は、大手消費者金融と比較してリスクの高いユーザーを対象にしています。また、顧客拡大に向けてさらにリスクを負っている会社も多いため、大手消費者金融で審査が通らなかった人でも、中堅消費者金融の審査なら通る可能性が高くなっています。

消費者金融ですぐにお金を借りるためのハードル

消費者金融の審査

消費者金融でお金を借りるためには、審査基準をクリアする必要があります。

審査で見られる大きなポイントは3つあります。

  • 返済能力
  • 借入件数
  • 借入金額

消費者金融が警戒しているのは、お金を貸したままで返済されなくなってしまう貸し倒れです。融資したお金が返済されなくなってしまった場合は、貸し付けた金額がそのまま消えてしまうことになります。

お金が商品の消費者金融では、お金がなくなるということは最大のリスクです。

なので、貸したお金が間違いなく返済されるという信用のある人を見極めるために、厳格な審査基準が設けられているのです。

在籍確認について

在籍確認は、申込者本人が会社に所属しているかどうかを確認する作業です。

「キャッシングを始めたいけれど、在籍確認の電話が会社にかかってくるのは困る。」という人も少なくありません。

在籍確認はどこへ申し込みをしても必ず行われますが、在籍を証明する書類を提出する事で「会社への電話連絡なし」で審査が行われるケースもあります。在籍確認は、ほとんどの場合は電話による確認になりますが、電話確認の代替案も提示してくれるキャッシング会社もあります。

在籍確認なしで融資してもらうことは可能?

在籍確認は、申込者が申込フォームに記入した勤務先にちゃんと勤めて毎月の給料をもらっているかの確認する作業です。

カードローン会社からすれば、返済能力を確認するための重要な審査となるため、在籍確認が省略されることはありません。

在籍確認の方法は、担当者が申込者の勤め先へ電話を入れて確認する方法が一般的ですが「どうしても会社へ電話してもらいたくない」という人には、書類提出などの方法で行ってくれる場合もあります。

クチコミでは「プロミスやアコムなどは書類審査だけで終わった」といううわさがありますが、正式に「書類提出の提出で在籍確認の代わりになる」とは書かれていないので、実際のところは申し込みをしてみなければわかりません。

ただ、SMBCモビットの場合は正式に「会社への電話連絡は代替え書類で可能」としています。「会社への連絡なし」にするにはいくつかの条件を満たす必要があります。

SMBCモビットには「カード申込」と「WEB完結申込」がありますが、会社への連絡なしになるのはWEB完結申込になります。

「WEB完結申込」の申込条件

  1. 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかに口座を持っている人
  2. 社会保険証または組合保険証の交付を受けている人(国民健康保険は不可)

必要書類の条件

  1. 本人確認書類として運転免許証またはパスポートなどいずれかの写し
  2. 収入証明書類として、所得証明書や源泉徴収票、税額通知書、確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書のいずれか1つの写し
  3. 勤務先を確認する書類として、社会保険証または組合保険証と直近1か月分の給与明細書の写し

これらがすべての条件を満たせば電話連絡なしで、ローンの契約が完結します。

家族にバレずにお金を借りる

金融業者は、利用者の多くが借金をしている事を周りに知られたくないと考えていることを重々承知しています。そのため消費者金融は個人名で電話をかけてくれるので、キャッシングを利用していることがバレないように配慮してくれます。銀行の場合は銀行名を名乗りますが、こちらも要件を他の人に伝えるようなことはありません。

また、契約書や利用明細書などは自宅へ送らなくてもよいシステムを取り入れているキャッシング会社もあります。また、ローンカードの郵送や契約書などが送られてくる時は、差出人名を変えて送ってきます。

書類が郵送されないようにする

郵送物をなくす確実な方法は、店舗や無人契約機、スマホアプリで契約することです。

店舗や無人契約機で契約すると、その場で契約書の作成や、カードを受け取れるので、自宅への郵送物はありません。スマホアプリであればカードレス取引が可能になるので、アプリの管理に気をつけていればバレる心配はほとんどないでしょう。

使い方に気をつける

契約段階でばれなくても、利用中にばれてしまう事があります。

ひとつは、返済方法を「口座振替」「口座振込」などにしていると、通帳に記録が残ってしまうので、通帳を見られてバレてしまうことがあります。配偶者に通帳を預けていたり、見られるような状態にしていたりする場合は、返済方法を提携ATMからするようにしましょう。

ふたつ目は、あってはならない事ですが、返済遅れが原因でばれる事があります。
返済が遅れるとまず、携帯に電話がかかってくるので、この段階で処理できれば何の問題もありませんが、連絡が取れないとなれば督促状が自宅に届いてバレると言うケースもあります。

もし、返済遅れが生じた時は、電話がかかってくる前に自分から電話を掛けるとか、かかってきた電話には必ず出るという事が重要になります。

審査無しで即日融資してもらえる方法は存在する?

基本的に消費者金融や銀行カードローンなどからお金を借りる場合は「審査なし」で借りる方法はありません。

ただ、「誰でも」というわけではありませんが、審査なしで即日融資が可能な借入方法はあります。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

クレジットカードでは、ショッピング機能とキャッシング機能が利用できます。

キャッシング機能は、申し込みをしておかなければ利用できません。
クレジットカードを作成する際にキャッシング機能を付帯させて申し込んでいた場合は、キャッシング枠の審査も終わっているので、新たな審査を受けなくてもお金が借りられます。

キャッシング枠がない場合は、改めて審査を行う必要があるので、即日融資はできません。

生命保険の「契約者貸付制度」でお金を借りる事も可能

お金が借りられるのは、積立型の生命保険のみになりますが、個人年金保険や学資保険、終身保険、積立型の生命保険なら解約払戻金を担保にしてお金を借りる事が出来ます。

生命保険でお金を借りた時の金利は、わずか数%という低い金利で借りられる事や、カードローンのように返済期限が決められているわけではないので、自分の都合に合わせて返済が出来ます。

即日借りられないけど状況によっては効果的な借入

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンは即日融資に対応していませんが、総量規制の対象になっていないので、消費差金融よりも高額で借り入れができるカードローンです。

低金利・高額融資ができるという特徴があります。すでに利用している銀行口座で契約をすると審査時間が短縮されたり、キャッシュカードにカードローン機能を付帯できたり、住宅ローンなどの商品を利用していると金利が優遇されたりするので、利用している銀行のカードローンを申し込むのがおすすめです。
また、カードが増えないため財布がかさばらず、カードローンを利用していることを悟られにくいというメリットもあります。

しかし、申し込みから融資までに短くて数日、長くて数週間かかります。また、利用していない口座のカードローンの申し込む場合は口座の開設を求められるので、それも審査時間が増加する原因となります。

総量規制の対象外ではありますが、貸しすぎ防止のため自主的に総量規制を適用しているので、基本は年収の3分の1までしか貸し付けません。ただ、返済実績をしっかり積むことで年収の2分の1までの増額に応じてもらえる可能性はあります。

銀行も独自のスマホアプリを提供していますが、カードローンサービスに関しては申し込みができるのみで、消費者金融のスマホアプリのように借入や返済をすることはできません。

生活支援資金貸付制度の特徴

生活支援資金貸付制度は、低所得者世帯や高齢者世帯、障害者などを対象とした支援資金です。低所得ゆえにカードローンの利用は難しいが、生活保護を受けるほどではないという方向けと言えます。

生活を立て直すまでの生活費や住宅の賃貸契約に必要な費用、就職や転職に必要な資格や技能習得のための費用、債務整理に必要な費用、高齢者や障碍者が適切なサービスを受けるための費用、低所得者世帯の子供の学費など多岐にわたります。

利子も非常に少なく、資金によっては無利子で利用できるものもあります。

しかし、カードローンなどに比べると利用条件が厳しめで、必要になる書類も資金ごとに異なり、審査にもかなり時間がかかります。ギリギリの状況になる前に、よく情報収集をして余裕を持って申し込む必要があります。

国からお金を借りる|生活福祉資金貸付制度とは公共の融資!生活福祉資金貸付制度とは 普段の生活の中で、会社が倒産してしまい、生活費を工面する事が出来ないという事もあります。生活費が...

職業訓練受講給付金の特徴

職業訓練受講給付金は、求職者がキャリアアップや就職に必要な技能やスキルを身に着けるのを支援するための制度です。月10万円の生活資金が給付され、無料の職業訓練を受講することができます。国の制度ではありますが、ハローワークが申請窓口となっています。

この制度の対象となるのは、雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でない人で、ハローワークに求職の申し込みをし、職業訓練の支援を行う必要があるとハローワークに認められている人です。

また、給付を受けるための条件もあり、その条件をすべて満たしていないと給付金を支給してもらうことはできません。ただし、給付金をもらえなくても無料の職業訓練を受講することは可能です。

失業中にお金を借りるには?ハローワークの融資制度と貸付制度失業中にお金を借りる!ハローワークの融資制度と貸付制度 ハローワークといえば求職の為に利用したり、失業保険をもらったりするところと思っ...

土日祝日でも即日お金を借りることはできる?

土日や祝日に急にお金が必要になることがありますが、手持ちのお金では足りないという時は、一時的にキャッシングで借りる事も可能です。

休日にお金を借りるには

すでにキャッシングの契約を済ませている人なら、土日や祝日でも、限度額の範囲内でカードを使って提携ATMからお金が引き出せるので心配ありません。

また、ネット銀行と提携しているキャッシング会社の場合も、申し込みをするといつでも口座へ振込をしてもらえるので、土日祝日でも安心です。

「土日や祝日にお金を借りたいけれど契約はまだ」という方も、大手消費者金融や銀行カードローンの即日融資で借りる事が出来ます。

確実に借りたいのなら無人契約機で契約

大手消費者金融や、一部の銀行は全国的に無人契約機を設置しています。

ほとんどの無人契約機は年365日 午前9時からおおよそ午後10時まで営業しています。
無人契約機からの申し込みであれば土曜や日曜日、祝日であっても即日融資でお金が借りられます。

無人契約機から申し込むと約1時間程度で審査が終わります。契約が完了するとカードを受け取り、提携ATMからお金を引き出せるようになります。

インターネット申し込みと無人契約機を併用する

インターネット申し込みは365日24時間いつでもどこからでも申し込みが出来ます。休日前にパソコンや携帯、スマホを使ってインターネットから申し込みを済ませ、仮審査まで終了させておきます。

仮審査を終えた後、休日に無人契約機へ出向き、無人契約機で本審査を受けて契約する方法なら時間を無駄にしなくても契約が出来ます。

ネット環境が整っていない方でも、電話で申し込みを済ませておき、無人契約機へ行き、本審査を受けるという方法もあるので心配ありません。

時間外手数料より安い金利で借りられる

月曜日に返す予定で土日に借りても、キャッシュカードの利用手数料より安い利息で借りられます。

コンビニATMの利用手数料は5万円の場合220円必要ですが、土曜日に5万円を借りて月曜日に返済すれば、金利はわずか50円で借りられます。

ATMの利用手数料が無料の消費者金融なら、キャッシングの金利のほうがはるかに安く借りられます。

提携ATMの利用手数料が無料という消費者金融や銀行カードローンが有るので、そちらを利用すれば無駄な経費を支払う必要がありません。

即日お金借りるのに適した職業は?

カードローンの貸付条件は「満年齢20歳以上で安定した収入がある人」となっているので、この条件をクリアすれば誰でも申し込みが可能です。

〇借り入れ可能
△借入出来る場合と出来ない場合あり
×借り入れ不可

職業形態 審査の通りやすさ
正社員
契約社員
派遣社員
自営業者
フリーランス
フリーター・アルバイト
専業主婦
学生
年金受給者
産休中・育児休暇中
未成年(18,19歳)
ブラック
無職 ×

ちなみに条件によって融資が可能になる場合と、融資が受けられない場合があり、どちらも当てはまる場合を△にしました。

・専業主婦(夫)
専業主婦(夫)の場合は、配偶者に収入があれば借りられるとされていましたが、現在ではほとんど借り入れができない状態になっています。

大手消費者金融ではまず借りられませんし、銀行も積極的には融資を行っていません。

・学生
学生という立場は非常に複雑で、「20歳以上で収入があればOK」としている場合もあれば、「20歳以上で収入があってもNG」としているところもあります。また「20歳未満でも親権者の同意があればOK」という場合もあり、各金融機関の条件をしっかり確認する必要があります。

中小消費者金融だと学生ローンを提供しているので、大手消費者金融や銀行カードローンを利用するよりも使い勝手が良い可能性があります。

・年金受給者
大手消費者金融は年金受給のみで生活している人は融資していませんが、銀行カードローンには年金だけで生活している人にも融資をしている銀行があります。

ただし、年齢制限があるので年齢制限をクリアする必要があります。

・産休中・育児休暇中
会社へ籍を残したまま休暇を取っているのか、退職しているのかで違ってきます。

籍を残している場合は融資を受けられますが、退職している場合はアルバイトやパートで収入がなければ融資は受けられません。

・ブラック
ブラックになっている人は大手消費者金融で借りる事は出来ませんが、中小消費者金融なら借りられる可能性があります。

・18、19歳の未成年
カードローンは満年齢20歳以上でなければ借りる事は出来ませんが、クレジットカードなら18歳19歳の未成年でもキャッシング枠でお金を借りる事が出来ます。

ただし、親の同意が必要ですが、同意が得られれば個人でカードを作る事も可能ですし、家族カードを利用したキャッシングも可能です。

このように、同じ職業形態でも、条件によって融資が受けられたり受けられなかったりするので、借り入れを希望する時は借入先の条件を調べてみる必要があります。

即日お金借りるときに用意するもの

本人確認書類

カードローンの申し込みには用意しなければならない本人確認書類が有ります。

審査で必ず必要になるのがこの本人確認書類で、本人書類は申込者が本人である事を確認するための書類なので、どこへ申し込むにしてもこの書類だけは用意しておく必要があります。

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証(※)、パスポートなどの写しが必要になります。

※記号・番号や保険者番号部分、QRコードは見えないように加工してから提出してください。

また転勤や結婚などで、申込書に記入した現在の住所と、運転免許証に記載されている住所が異なる場合は、納税証明書や社会保険料の領収証、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)が別途必要になります。

収入証明書類

消費者金融へ融資を申し込む時、借入希望額が50万円を超える場合や、他社にも借り入れがある場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は「収入証明書類」が必要になります。

収入証明書類が必要になるのは、消費者金融の融資限度額は総量規制で年収の3分の1以内と制限されているので、その制限を越えていないかを確認するために収入証明書類の提出を求められます。

収入証明書類として利用できるのが、直近1~2カ月分の連続した給与明細や源泉徴収票、所得証明書、納税証明書などの写しが必要になります。

銀行カードローンの場合は総量規制の制限を受けないので、年収に左右されません。

ですから、銀行カードローンの場合、借入希望額が100万円以下や200万円以下、300万円以下は不要というように、それぞれの銀行が独自の基準を決めています。

2017年11月現在、総量規制対象外の過剰貸付問題によって、自主的に消費者金融と同じ基準である総量規制の範囲内の貸付基準とする銀行カードローンが増えてきております。

申込書を提出する前に再確認する

必要書類が用意できたとしても、注意しなければならないのが、申込書に記入した内容が確認書類と違っている場合、審査に落とされる事もあります。

事実、申込書の記入ミスがあって審査に通らなかったという事も多いので、提出する前に、必ず申込書と提出書類に相違がないかを再確認してから提出しましょう。

即日お金借りるなら審査が甘い金融は避けるべき

「今日明日中にはお金を用意しなければならない」という場合、ついつい手を出してしまうのが「ヤミ金」です。

「ヤミ金」の宣伝文句は「審査なしで即日振込可能」とか「断る事はありません」というように、申し込みをすれば必ず貸してもらえるというような宣伝をしています。

しかし、正規の消費者金融や銀行でお金を借りる時は、どんな場合でも審査があるので無審査や無担保で融資してくれるというのは、まともな消費者金融ではなく違法業者と思って間違いありません。

いくら急いでいるからといって、宣伝文句に騙されて手を出す前に、正規の貸金業者なのかを確認する必要があります。正規の消費者金融であれば、都道府県へ登録を済ませています。

登録申請を済ませている業者かどうかは、金融庁の「登録貸金業者情報検索」ページで調べることが出来ます。

検索ページでは、登録番号や所在地、商号・名称、代表者名、電話番号の入力画面がありますが、すべての項目に入力する必要はありません。いずれか1つの項目の入力だけで検索することが出来ます。

例えば広告に記載されている「登録番号」や「商号」などを入力して、検索開始ボタンを押すと該当する業者名が表示されます。もし、登録番号と違う業者名が出てきたり、業者名が出てこなかったりした場合は「ヤミ金」と思って間違いありません。

ヤミ金は中小消費者金融に紛れ込んでいるので、知らず知らずのうちに騙されている事もあります。名前を聞いたことがない業者の利用を考える時は、インターネットのクチコミや金融庁の「登録貸金業者情報検索」で正規の業者なのか、確認する事が重要です。

まとめ

銀行カードローンでは即日融資はもうできないので、今日明日中にお金を用意しなければならない時は、大手消費者金融の「即日融資」を申し込むのが最も確実です。

貸金業法の改正後、金利の設定は統一され、非常に安定した状態で借り入れができます。総量規制で借入額は制限されましたが、借りすぎを防ぐことができるという点ではむしろメリットです。

急いでいる方は活用してみることをおすすめします。

くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較