銀行カードローン

横浜銀行カードローンでお金を借りるには?特徴や利用方法まとめ

横浜銀行は神奈川県横浜市にあり、略称は「はまぎん」として知られている地方銀行ですが、地方銀行の中でも大きな銀行で、総資産額でも全国1位の銀行になります。(平成28年3月時点)

横浜銀行は地方銀行の特色でもある個人に対してのサービスも当然力を入れており、カードローンに関しても利便性を重視しているため、提携コンビニATMでも借入や返済ができるようになっています。

ここでは「横浜銀行カードローン」の特徴やメリットを紹介します。

横浜銀行カードローンのスペック

金利(年率) 融資限度額
1.5%~14.6% 最大1,000万円まで

横浜銀行カードローンは、専業主婦でも配偶者の収入があれば借り入れが可能です。近年では配偶者貸付けを行わない銀行カードローンが増えている中、専業主婦の方には非常に心強いのではないでしょうか。

また、他社ローンのまとめ用として利用することも可能です。

限度額に対する適用金利

借入限度額 金利
100万円以下 年14.6%
100万円超~200万円以下 年11.8%
200万円超~300万円以下 年8.8%
300万円超~400万円以下 年6.8%
400万円超~500万円以下 年4.8%
500万円超~600万円以下 年4.5%
600万円超~700万円以下 年4.0%
700万円超~800万円以下 年3.5%
800万円超~900万円以下 年3.0%
900万円超~1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.5%

利用金利は借入限度額が100万円~200万円と決まった場合、たとえば30万円借りても150万円借りても年利11.8%が適用されます。

横浜銀行カードローンの申込条件と必要書類

申込条件
  • 契約時満20歳以上69歳以下の方、安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトも可・学生は不可・年収には年金を含む)
  • 神奈川県内全地域・東京都内全地域・群馬県内の一部市(前橋市、高崎市、桐生市)に居住またはお勤めの方
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
必要書類 「本人確認書類」

  • 有効期限内もしくは現在有効で、かつ氏名・住所・生年月日が記載されている書類(運転免許証または健康保険証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 在留カード(永住権の記載があるもの)
  • 特別永住者は特別永住者証明書

「収入証明書」

  • 源泉徴収票【勤務先の会社名の記載のあるもの】
  • 納税証明書【税務署の発行印があるもの】
  • 確定申告書【税務署の受付印があるもの】
  • 住民税決定通知書【市区町村長の発行印があるもの】

※収入証明書類は借入希望額が50万円を超える場合に必要で、その他の場合は不要です。
※専業主婦の方は、本人確認書類だけで申込が可能です。

横浜銀行カードローンの申込方法

横浜銀行カードローンの申込方法は、

  • インターネット申込
  • 電話
  • FAX
  • 郵送

での申込から選べます。

インターネット申込とFAXでの申し込みは24時間365日いつでもどこからでも申込が可能で、電話申込の場合は平日の午前9時~20時、土日祝日は午前9時~17時までとなっています。

  1. 横浜銀行のホームページから申込をします。
  2. 申込が完了後、SMSで書類提出のお知らせが送られます。
  3. 必要書類を、アップロード・郵送・FAXのいずれかの方法で提出します。
  4. 審査結果が電話で伝えられます。(最短翌日)
  5. 契約手続きを、WEB・郵便・FAXのいずれかで行います。
  6. 簡易書留郵便にてカードが後日送られてきます。

カードローンを利用するには横浜銀行口座が必要になります。口座の開設は、審査後、契約までの間に行ってください。横浜銀行口座開設アプリを使えば、来店不要で口座の開設ができます。

審査に通るコツ

カードローンの審査は、金利が低ければ低いほど厳しくなるのが一般的で、横浜銀行カードローンの審査についても口コミで審査が厳しいと書かれている事も少なくありません。

しかし、いくら審査が厳しいと言っても何の理由もなく落とされる事はありません。そこには落とされる理由があり、それに該当するからだと思われます。

審査落ちする主な理由は以下の3つです。

  • 過去5年以内に延滞や債務整理をした事がある
  • 他社の借入件数や借入残高が多い
  • 申込書の不備

審査は申込書以外に、信用情報機関の個人情報を基に審査が行われます。其の為、個人情報で他社での延滞情報が記載されていたり、債務整理をしていたりした場合は審査に通る可能性は少ないです。

事故情報は5年~10年以上記録されるので、その間は申し込みをしても審査に通ることはほぼありません。

次に審査に通りにくくなる要因としては、「収入が安定しない」「平均収入が極めて低い」「勤続期間が3カ月未満」といった原因が挙げられます。これらに関しては必ず審査に落とされるわけではなく、属性や信用情報などの総合的な評価で審査に通る可能性があります。

ただし、限度額はだいぶ低く設定されるので、増額などを希望する場合は収入を増やす必要があります。

増額の申込方法

増額は、電話または郵送・FAXで行うことができます。50万円を超える増額を希望する場合は、収入証明書が必要になるので忘れずに提出しましょう。

増額申請をすると審査が行われるので、必ず増額できるわけではありません。また、収入が初回申込時よりも下がっていると、限度額が引き下げられることもあるので、申し込むタイミングには注意が必要です。

横浜銀行カードローンの借入と返済

「横浜銀行カードローン」で融資を受けるためには、横浜銀行の銀行口座を持っている必要があります。そのため、横浜銀行に口座がない人でも申し込みは可能ですが、口座開設までに時間がかかるので契約当日に融資を受けるのは極めて難しくなります。

元々横浜銀行に口座がある方は、この口座を振込と返済の指定口座にできるため、すぐに借入れることが可能です。口座がない方は、カードローンに申し込む前に口座を開設しておくか、そうでなければカードの到着を待つ必要があります。

横浜銀行カードローンは、ATMとインターネットで取引できます。

横浜銀行カードローンが利用でき、なおかつ手数料無料のATMは下記のようになっています。

  • 横浜銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-net
  • イオン銀行ATM
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • ファミリーマート

無駄な出費を抑えたいという方は、上記のATMを利用するようにしましょう。ただイオン銀行ATMは返済ができないのでその点には注意です。

インターネットを使った取引は、インターネットバンキング<はまぎん>マイダイレクトまたは、はまぎんアプリを利用して行うことができます。

マイダイレクトかはまぎんアプリにログインし、利用しているカードローン口座をサービス利用口座に追加すれば、原則24時間365日、1円単位で借入と返済が可能になります。また取引以外にも、借入残高や入出金明細の照会も可能になります。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もいます...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較