銀行カードローン

三井住友銀行カードローンでお金を借りるには?特徴やメリット・デメリットを解説

キャッシングをこれから始める人にとって、金利が気になるところですが、やはり金利を優先して考えた時、銀行カードローンがおすすめです。

三井住友銀行カードローンは、3大メガバンクの一つである三井住友銀行が提供しているカードローンです。
ここでは三井住友銀行カードローンのスペックや申込方法、メリットやデメリットなどを紹介します。

三井住友銀行カードローンのスペック

実質年利 1.5%~14.5%
融資限度額 最大800万円

三井住友銀行カードローンは、原則安定した収入が有る満年齢20歳以上69歳以下の方で、保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方であれば、利用することができます。

正社員だけでなくパートやアルバイトも対象となっていますが、毎月安定した収入を得ている必要があります。本人に収入のない専業主婦(夫)は申し込むことはできません。

三井住友銀行カードローンの申込方法

三井住友銀行カードローンの申込方法は3種類あります。

  • WEB申込(パソコン・スマホ)
  • ローン契約機
  • 電話

銀行カードローンは普通預金口座の開設が必要なところがありますが、三井住友銀行カードローンは口座なしでも契約することができます。

しかし口座があると、WEB完結申込が可能になり、入力項目も一部省略されます。また、キャッシュカードにカードローン機能を付帯できるなどのメリットがあります。

WEB申込

自分のタイミングで申し込みができる一番手軽な方法です。パソコンやスマホから申し込むことができ、口座を持っていればWEB完結申込が可能です。

カードは郵送またはローン契約機で受け取ることができます。
キャッシュカードを持っていれば、そのカードにカードローン機能を付帯させることができます。

ローン契約機

窓口まで行く必要がありますが、その場でカードを発行してもらうことができます。ただし、利用可能になるタイミングは契約した後になるので、すぐに使えるわけではありません。

ローン契約機で申し込みまたはカードの受け取りをする場合、必ず本人確認書類を持参する必要があります。

電話

個人情報を電話で伝える以外は、そのほかの申込方法と同じです。

申し込みに必要な書類

申し込みに当たり、特に即日融資で借りる時は審査をスムーズに終える為にも、事前に用意しておく書類が有ります。

申し込みに必ず必要になる書類として、運転免許証または健康保険証、パスポートなど、どれか1点の写しが必要になります。

また、借入希望額が50万円を超える場合は、収入証明書類(源泉徴収票や所得証明書、納税通知書、住民税決定通知書など)のどれか一つの写しが必要になります。

申し込みで注意する事

三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンスの保証を受ける事が条件になっています。保証会社の審査基準は明確ではありませんが、申し込みをする際に注意する事があります。

他社カードローンを利用している場合、現在返済が遅れている、または返済金が不足での入金となっていないかを確認してください。他社への返済が正常に出来ていない状況で申し込みをしても、審査通るのは厳しくなるので、今の状況が好転してから申し込むのがポイントです。

次に注意しなければならない事は、同時に何社へも申し込みをする事です。お金が借りられるのならどこでもよいと思って、何社も同時にネットから申し込みをする方がいますが、同時申し込みは信用情報機関にも記録され、いわゆる「申込ブラック」となってしまい、まず審査に通る事はありません。

これはどこへ申し込むにしても同じで、他社との同時申し込みをするとまず審査に通ることはないに等しいので、同時申し込みは避けましょう。

三井住友銀行カードローンの審査基準

三井住友銀行カードローンの申込条件をクリアしており、今まで一度も借り入れをしたことがない、金融トラブルを起こしていないのであれば、審査に落とされるということはほとんどないでしょう。

ただし、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス系列の金融機関で問題を起こしていると、たとえ個人信用情報から事故情報の記録が消されていても、審査に通ることはほぼないので注意が必要です。

審査の注意点

キャッシングの審査が通らない理由として、最も多いのが申し込み書の記入ミスや、記入漏れが一番の原因と言われています。申し込み書を提出する時は、再度確認してから提出する事が大切です。

また、三井住友銀行カードローンを利用する前に、他社のカードローンを利用している人や、ローンの借入残高が多い人は、いくら返済能力があっても、審査に通らない可能性が高くなります。いくら年収が多いからと言っても、トータル的な返済の負担が大きくなれば、審査に通らない事もあるので不要なローンやクレジットカードなどは解約しておく必要があります。

三井住友銀行カードローンの利息計算法

三井住友銀行カードローンでお金を借りる時は、前もって返済シミュレーションなどを利用して、無理のない返済計画を立ててから借りる事が重要です。

三井住友銀行カードローンには返済シミュレーションが用意されているので、まずはそちらで試算してみましょう。

「返済シミュレーション」は、

  1. 毎月の返済額が知りたい「毎月返済額シミュレーション」
  2. 完済するまでのどれくらいの期間が必要か「返済期間シミュレーション」
  3. 毎月決まったお金を返済するといくらまで借りられる「借入可能シミュレーション」

の3つが利用できるので、いろんな条件で試す事が可能です。

たとえば、10万円をかりた場合、

  1. 毎月返済シミュレーションで返済回数を12回とすると毎月返済額は9,002円になります。
  2. 返済期間シミュレーションで毎月返済額を1万円とすれば11回で完済になります。
  3. 借入可能額シミュレーションは毎月返済額と経ない回数を入力するとどれくらいまで借りられるかが解ります。

たとえば、毎月返済額を10,000円、返済回数を24ヶ月とすると207,306円までの融資が受けられるという結果になります。

それぞれのシミュレーションには「返済計画表を見る」というアイコンが有り、それをクリックすれば詳しい状況が解ります。

三井住友銀行カードローンで増額は可能?

三井住友銀行カードローン増額

三井住友銀行カードローンを利用していて、使い慣れてくると最初の借入限度額を増やしたいと思う事があります。限度額を増やす事を「増額」と言いますが、もちろん三井住友銀行カードローンでも増額は可能で、条件が整っていれば増額申請をして限度額を増やす事が可能です。

増額申請の方法は、基本的にはカードローンプラザに電話を入れて相談するか、または近くにローン契約機があれば、そちらを利用して増枠の相談をする事になります。この段階ではあくまで相談で、増額が可能となれば、再度審査を受ける事になります。

増額審査は、これまでの借入れや返済についての利用履歴、年収の増減などがチェックされます。また、他の金融機関等での借入状況なども審査対象となるので、「返済は終わっているけれども使っていない」というようなカードがあれば解約しておく事がポイントです。

また、利用者にとっては大した問題ではないかも知れませんが、転勤や引越、スマホやケータイの買い替えに伴う電話番号や、メールアドレスの変更などは、増額の申し込みをする前に変更届をしておく事も重要になります。借入れ金額が増える時は、収入証明書なども必要になる事もあるので、まずは電話相談をしてから申し込みを進める事をおすすめします。

三井住友銀行から増額案内が届いたら

増額は自分から申し込みも出来ますが、三井住友銀行から増額の案内が届くこともあります。金融機関側が設けている一定の条件、たとえば1年以上延滞がない、契約をした後、継続的に利用しているというような優良顧客に対して、電話やメールで限度額増額の案内を出す事があります。

案内がきて増額の申し込みをすれば、審査に通る可能性は高くなりますが、案内が有ったからと言って必ず審査に通るわけではありません。

増額案内は、あくまで金融機関側は自社内で優良な利用者に対して案内を送っているので、全体的な利用状況や年収の増減といった個人的な情報までは確認できていない状態です。増額申請があったときに確認できていなかった情報を改めて審査し、増額するかを決めます。

限度額が下がる事もある

増額の申し込みをしたために、今の限度額から減額されてしまうこともあります。

例えば、

  • カードローンやクレジットカードでたびたび延滞を起こしている。
  • 初めに契約した時よりも、年収が減った。
  • 転職している、または転職してから日が浅い

と言うような事があれば、限度額を下げられたり、一時利用停止になったりする事もあります。増額申請は、現在の自分の状況が減額対象にならないかをチェックしてから申し込む事が重要です。

三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット

三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット

三井住友銀行カードローンのメリット

  • 口座があれば24時間WEB完結が可能
  • キャッシュカードにカードローン機能を付帯できる
  • 口座がなくてもローンカードで借入・返済が可能
  • 手数料が無料で利用できる提携ATMの数が多い

口座を持っていれば、WEB完結申込やキャッシュカードで借入・返済ができます。申込時の入力を一部省略できるので時間もかかりませんし、キャッシュカードを利用できればカードローンを利用している事はまずバレません。また、口座がなくてもローンカードを発行してもらえるので、問題なく利用することができます。

ATMを利用する時は基本的に手数料が必要です。しかし、三井住友銀行カードローンは、手数料無料で利用できる提携ATMがたくさんあります。自社以外のATMを利用する時は、1万円以下は110円、1万円以上は220円のATM利用手数料が必要ですが、E-netやセブン銀行、ローソンATM、ゆうちょ銀行ATMの利用手数料はすべて無料で、時間外手数料も無料で利用できるので無駄な出費がありません。

また、三井住友銀行と言えば、全国規模でサービスを提供している都市銀行です。ほとんどの都道府県に店舗があるので、旅行や出張で他県へ行った時でも安心です。

三井住友銀行カードローンのデメリット

三井住友銀行カードローンは多くのメリットもありますが、反面何点かのデメリットもあります。

  • 即日融資に対応していない
  • 口座が無いと利用できないサービスがある
  • 専業主婦(夫)は利用できない

三井住友銀行に限らず、銀行カードローンは即日融資には対応していません。そのため、すぐにお金を借りたいという場合は、即日融資が可能な消費者金融に申し込む必要があります。

また、一部の借入・返済方法を利用するには三井住友銀行口座の開設が必要になります。例えば、インターネットバンキングや口座振替で返済したい場合は、口座がないと利用することができません。

また、原則収入のない専業主婦(夫)は借入できません。以前は専業主婦(夫)でも配偶者の収入をもとに借入可能でしたが、現在は配偶者貸し付けに対応しているところが少なくなっています。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もいます...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較